和泉屋跡(いずみやあと:山中町湯の町 北國銀行山中支店前)

・芭蕉句碑

湯 の 名 残 今 宵 は 肌 の 寒 か ら む

 芭蕉逗留の泉屋(和泉屋)跡地に建立。この句は世話になった泉屋久米之助に礼として詠んだ句である。

・奥の細道三百年祭記念碑

 温泉頒山中の句
北 海 の 磯 づ た ひ し て 加 州
や ま な か の 涌 湯 に 浴 ス
里 人 の 日、 こ の と こ ろ は
扶 桑 三 の 名 湯 の そ の 一 な り と
ま こ と に 浴 す る 事 し ば し ば
な れ ば  皮 肉 う る ほ ひ 筋 骨
に 通 り て  心 神 ゆ る く 偏 に
顔 色 を と ど む る こ こ ち す  彼
桃 原 も 船 を う し な ひ
慈 童 が 菊 の 枝 折 も
              し ら ず
                        ばせを
 や ま な か や 菊 は
           た お ら じ
                湯 の に ほ ひ
 元禄二仲秋日

 与謝蕪村「奥の細地画巻」の場面
 腹を病み先に旅立つ曾良との隻鳬の別れの原文が刻まれている。

芭蕉逗留泉星の址 芭蕉句碑 奥の細道三百年祭記念碑

戻る