全昌寺(ぜんしょうじ:加賀市大聖寺神明町1)

 元禄2年(1689)の秋、山中温泉を出発した芭蕉は大聖寺に着き、当寺に宿泊して翌日越前に向かった。
 弟子の曾良は師に別れ、一日前にやはり当寺に一泊して伊勢の方へ去った。
 これを記念する「はせを塚」と「曾良の句碑」は、大聖寺の俳人二宮本圭(ふたみやぼくけい)らによって、おそくとも明治の中頃までに建立されたと言われる。

庭 掃 い て い で ば や 寺 に ち る 柳 芭蕉
よもすがら
終 夜 秋 風 き く や う ら の 山 曾良

全昌寺 はせを塚と曾良の句碑 芭蕉木像

戻る