宝泉寺(ほうせんじ:金沢市子来町57 宝泉寺のホームページへ

 金沢を訪れた芭蕉は、7月21日(陽暦9月4日)、鶴屋句空(つるやくくう)の草庵、柳陰軒(りゅういんけん:宝泉寺境内にあった)を訪ねた。ここで芭蕉は、

ち る 柳 あ る じ も 我 も 鐘 を き く

の句を詠んでいる。その句碑が境内にある。
 また、加賀藩の研刀御用係であったが、辞職し俳人となった桜井梅室(ばいしつ)の句碑が2つある。

ひ と 雫 け ふ の 命 ぞ 菊 の 露

屋 の 棟 に そ ふ て 殖 け り 梅 柳

宝泉寺 芭蕉句碑 梅室句碑「ひと雫・・・」 梅室句碑「屋の棟・・・」

戻る