小坂神社(こさかじんじゃ:金沢市山の上町42−1)

 この社は奈良の春日大社の分社である。
 芭蕉翁が奥の細道紀行中にこの社に参拝し、同行していた門人の立花北枝(たちばなほくし:蕉門十哲の一人。加賀・越中に門弟を大勢持つに至り、撰集「卯辰集」・「喪の名残」、俳論「山中問答」などを残した。)が詠んだ句

此 の 山 の 神 に し あ れ ば 鹿 と 月

の句碑がある。
 また、塩田紅果(しおだこうか:三重県生まれ。弁護士・歌人。1927年「蟻乃塔」を創刊。)の句

白 梅 の 一 ひ ら に あ る 陽 の め ぐ み

の句碑がある。

小坂神社 北枝の句碑 塩田紅果の句碑

戻る