心蓮社(しんれんしゃ:金沢市山の上町4−11)

 心蓮社休誉が慶長17年(1612)、金沢塩屋町に創建。寛永4年(1637)当地に移る。
 阿弥陀三尊来迎図(重要文化財)があるほか、蕉門十哲の一人、立花北枝(たちばなほくし)の墓と句碑がある。

心蓮社 北枝の墓と句碑

戻る