建聖寺(けんしょうじ:小松市寺町94)

 元禄2年(1689)7月24日(陽暦9月7日)小松に到着した芭蕉一行は句会を催し、芭蕉の句は、発句などを含めて4句が残されている。
 小松での滞在地の一つであった建聖寺に蕉門十哲の一人であった立花北枝による座像の芭蕉木造が残されている。座高18p、横幅17p、厚さ9.6p。木像裏面には「元禄みのとし北枝謹で作之」とあり、師の像を永遠に残すために丹精をこめて製作したことが伺える。
 境内には、翁塚と句碑がある。

し ほ ら し き 名 や 小 松 吹 く 萩 す ゝ き

建聖寺 翁塚と句碑 芭蕉座像

戻る