小松天満宮(こまつてんまんぐう:小松市天神町1)

 加賀藩3代藩主前田利常が隠居して小松城にいたとき、小松城鎮護のため、日頃崇敬している菅原道真を祭神とし、京都の北野天満宮を模して明暦3年(1657)起工している。神門、本殿、拝山殿が重要文化財に指定されている。
 また、十五重の石塔は、小松市指定文化財で、石材には石川郡坪野で産出する良質の坪野石を用いている。
 境内には芭蕉の句碑がある。

あ か あ か と 日 は つ れ な く も 秋 の 風

小松天満宮 芭蕉句碑 十五重の石塔 神門

戻る