ライン
ようこそ!奥の細道の世界へ

2001 4.24 更新

アイコン

おくのほそ道は、松尾芭蕉(まつおばしょう)が東北地方と北陸地方を旅したときの有名な紀行文(きこうぶん)です。

=このサイトでは次のことを文や写真やイラストで紹介してあります=

おくのほそ道は、なぜ有名なの?

芭蕉は、どんな人なの?

どこを旅したの?

いつ旅をしたの?

一人で旅をしたの?

石川県にも来たの?

アイコン情報マップを見る

情報マップを見ると、このサイトで紹介している全データとその関連が分かります。