新しい交通網と街づくり

駅西50メートル道路

金沢駅西口からは、まっすぐな道路が金沢港に向けて延びています。片側3車線の道路は反対側と合わせて、幅が50メートルもあります。


安全な歩道

金沢市の中心部には、歩行者が安心して歩けるように車道と歩道の間は緑の樹木で仕切られています。


交通渋滞を防ぐ立体交差点

金沢市内で車の多い交差点では、上を通る道路と下を通る道路を作って、交通渋滞を防いでいます。


新しいバスシステム

バスがいつ来るのかが分かると、とても便利です。金沢市内のバス停には、行き先別のバスが近づいて来ていることを示す掲示板があります。


高速バス

JR金沢駅前からは、広島や京都、東京など全国各地に向けて、高速バスが出ています。年々、その本数が増え、さらに遠くへ広がっています。


大型の貨物船が出入りする金沢港

北西部にある金沢港は「金沢の海の玄関」と呼ばれています。特にロシアからの木材が多く輸入されています。近くには石油基地もあります。


トップページへもどる