自然を生かす街づくり    くらしに生きる水




河合谷滝の谷霊水 津幡町上大田地内

1杯飲めば1歳長生き、3杯飲めば 死ぬまで生きられる?!

もともと山の中に霊水が出てたのが、道路工事に伴いドッと噴き出したので案内板等を立て整備したそうである。ふしぎとくみ置きしておいても悪くならない水である。









河北潟放水路 内灘町

かつては日本海とは砂丘で潟がへだてられていたが、洪水調整用に人工的に作られた、幅110m、長さ1670mの水路と水門である。工事は砂丘に高圧水を噴射し、砂をくずす方法で行われた。水路の外側の日本海と内側の河北潟の透明度等を比較してみるとおもしろい。










大滝 津幡町木窪地内

宝達山系の尾根、富山県の沢川に源を発し、木ノ窪川に流れ込んで、この滝となる。 幅約4m、高低差約20mを誇る本町最大の滝で、落水の響きはその冷気とともに広がり、神々しさとなって訪れる人達を包み込む。 夏場には、滝見舞台での流しそうめん(7月下旬〜9月上旬)、秋には紅葉狩りと、毎年1万人を超える観光客が訪れている。









温泉スタンド 内灘町宮坂地内

内灘町福祉センター憩 ほのぼの湯の近く、100リットル100円の内灘砂丘放水路温泉温泉スタンドである。周辺には温水プール、大海賊船、展望台などの家族で楽しめる施設がいっぱい。

泉質はナトリウム-塩化物泉(中性低張性高温泉)で赤茶色。神経痛、筋肉痛、慢性消化器病などに効能がある。







もどる