自然環境部の活動

 私たちの学校の自然環境部は、環境庁が設立した「こどもエコクラブ」に加入しました。「エコクラブ」は、子どもたちが地球や地域の環境を守るために作られたものです。

◎安宅鉄工団地周辺の道路の空き缶調査
 
小松市役所の人たちが空き缶拾いをして1週間たった時の空き缶ゴミの状況を調べました。ジュース類などの空き缶が多いこと、発泡スチロールなど燃えない物がいつまでもゴミとして残っていることが分かりました。

◎安宅海岸の漂着物調査
 石川県環境部発行の環境教育テキスト「おもしろ環境ゼミナール」を参考に、漂着物と廃棄物の調査を行いました。


ゴミを拾って、種類別にわける

ゴミの分量調査(単位:kg 調査したメッシュの平均。1・2回目調査は略)
ゴミの種類

第3回調査
7月29日(晴れ)

第4回調査
8月27日(小雨)

30日換算量



紙・木

0.9
2.7
2.8

プラスチック

0.5
0.1
0.1



ガラス

0.1
0
0

0
0
0

アルミ

0
0
0
複合物・他
0
0
0
海藻 ・他
0.7
0.2
0.2
総量
2.2
3.0
3.1
注:0.1kg以下は四捨五入。


ハングル文字のついたゴミ。ここへ流れ着  
くのにどれほどの時間がかかったのかな。  

流木、たばこ、花火、発泡スチロール、釣り糸、ペットボトル、プラスチック容器など、調べた範囲外でもたくさんありました。


【メニュー戻る】