石川県立羽咋高等学校
  Ishikawa Prefectural Hakui High School
〒925-8550
石川県羽咋市柳橋町柳橋1番地 
 
TEL(0767)22-1166 FAX(0767)22-0791 
本文へジャンプ


  学年の近況 

(2017.03.14)

◎1年生:小論文講座を行いました。
3月14日(火)の7限目に小論文講座を行いました。学研から長尾真由美氏を講師としてお招きし、今社会で重要視されている小論文をどう書けば良いかということを学びました。小論文を書く時には、設問の意図をしっかりと読まなければならないこと、書き方を知っていなければならないこと、自分だけの視点ではなく、社会的な視点で述べなければならないことを生徒たちは知りました。ニュースや新聞で、社会で起こっていることに目を向けていってほしいと思います。


   課題文は、 筆者の主張に注目。 どうやってその部分を 見つけるかというと・・・
   
   


(2017.02.07)

◎1年生:英語スピーチコンテストを行いました。
1年生200人全員が、各ホームで英語でスピーチをし、その中から、選ばれた19人が熱弁をふるいました。心温まるスピーチ、将来の夢を熱く語るスピーチ、楽しませてくれるスピーチと、どのスピーチもセレステ先生の指導を受け、表現力豊かで味があり、聞き入ってしまいました。


  

   
   
   






(2017.02.02)

◎1年生:進路講演会を行いました。

2月2日(木)7限目に1学年進路講演会を行いました。株式会社リクルートマーケティングパートナーズまなび事業本部の寺西望氏のお話を聞きました。「今、社会で求められる力とその背景〜将来のために高校生活をどう過ごせば良いのか?〜」という演題で、生徒達は、高校生活をどういう意識で過ごせばよいかについて考えました。

  
 
世の中で求められる コミュニケーション能力とは?
  変化の激しい時間には、 学び続けられる力が大事!  
     
   


生徒の感想(一部)

社会で通用する力をつけるために何事にも全力で取り組みたい。
・目の前のことをやるだけでなく目的や、どうすれば上手くできるかを考えて、一生懸命取り組もうと思った。
・将来のことについてとても現実的になった。 
・機械ではなく、人だからできることをしていかなければいけないと思った。 
・求められていることは何かをしっかり考えたい。何事にも諦めないことも大切だと思った。 
・居心地のよい関係で満足せず、自分の意見もちゃんと言えるレベルでの協調性を高めたい。 




(2017.01.31)

◎1年生:「わたしの感動体験 90秒スピーチ」を行いました。

1月31日(火)の総合の時間に、1年生の「わたしの感動体験スピーチ」を行いました。1月19日から準備をはじめ、1月24日、26日にクラス予選を行い、予選を勝ち抜いた各クラス4名、計20人の決勝大会を31日に行いました。どの生徒も自分の感動を自分の言葉で語りました。涙ぐむ生徒も見られました。

 






  
発表者の感想
みんながスピーチする人の話をちゃんと聞いてくれたのが、とても嬉しかったです。
 
生徒の感想 
・1人1人の体験を聞くうちに自分にも似た体験があったと思い、共感できた。 
・家族や友だちとの絆を大切に思うスピーチを聞いて、自分も家族や友だちを大切にしたいと思った。 
・私たちは、誰かの優しさや、多くの思いに支えられていることに気づかせてもらいました。 
・何度も涙が出そうになった。 心がきれいになった気がした。
 このような体験は、その人の心に一生残ると思う。今を大切にしていきたい。
・自分たちの周りに多くの感動があることがわかった。      




(2017.01.10)

◎1年生:学年集会を行いました。
実力テスト終了後に、視聴覚室で学年集会を開きました。
2年生を意識していかなければならない1〜3月をどう過ごすかということを考えました。学習面だけでなく社会に通用する人間力をつけるために時間の意識を大切にすること。スマホとの付き合い方を含めて生活習慣を見直すことの必要性などについて話をしました。




(2016.12.21)

◎1年生:武道・ダンス発表会を行いました。
12月21日(水)の3限目、4限目に、体育館で武道ダンス発表会を行いました。体育の時間に練習してきた成果発表会です。武道は、柔道、剣道、なぎなたの3種目で、きびきびした所作での発表があり、会場から大きな拍手がおくられました。また、ダンスは、どのグループも個性豊かで、感動あり、笑いありの発表となりました。


   
   
   
   








(2016.12.20)

◎1年生:大学説明会を行いました。
12月20日(火)の6限目、7限目に視聴覚室で、大学説明会を行いました。教員ではなく生徒の視点での説明会をということで、情報の時間で調べ学習を行い、パワーポイントにまとめて発表しました。どのグループも写真や地図を多く用いてわかりやすくまとめてありました。学問的なことの他、大学周辺の様子、町の様子なども取り入れ、その場所での生活がイメージできる内容でした。説明を聞いた生徒からは、「知らないことについて知ることができた」「工夫した発表でわかりやすかった」という感想が寄せられました。


   
  
   



(2016.11.04)

◎1年生:先輩と語る会を行いました。
様々な場で活躍していらっしゃる先輩をお招きし、お話をしていただきました。それぞれの職業についての知識を得るだけでなく高校生活を送る上での気持ちの持ち方や社会人に必要なものは何かというお話もお聞きすることができました。生徒からは「人生のテーマを持ちたい」「本気になれるものを探したい」という感想が寄せられました。


   
   
 
   
 
   
   
   
 
   
   
   
 
   
   
   
   



(2016.11.04)

◎1年生:インターンシップ報告会を行いました。
夏休みにインターンシップ(職業体験)を行った生徒の体験報告を行いました。1年生全体でその体験を共有し、働くことについて考えました。医療現場の体験をした生徒からは気遣い、コミュニケーション能力、積極性の大切さ、ミスのできない厳しさが求められることを知りました。教育現場の体験をした生徒からは、自分で考えながら動くこと、的確に伝えることの大切さを学ぶことができました。生徒からは「必要な力をつけるために、日々の生活を振り返りたい」という感想が寄せられました。


 
 
どの仕事もやりがいのある仕事であり、 細やかな気配りが必要だと思いました。 (生徒の感想より)
  
 
   
   



(2016.10.25)

◎1年生:金大出張オープンキャンパスを行いました。
金沢大学の先生をお招きし、模擬授業を行いました。生徒は6つの分野から自分の選んだ2講座を受講しました。大学の深い学問内容に触れ、また、直接大学の先生とお話することで、大学の授業の具体的なイメージを持つことができたようです。


 

 
  講座1:フィールドから異文化を考える
講師:菅原裕文 氏(人間社会学域 准教授)


世界遺産カッパドキアの研究からわかったことは、どんな
場合でも予習が大切だということ。
研究内容を現地の観光ガイドに教え、自分達の文化のす
ばらしさに気づいてもらっている。 
講座2:裁判員制度の功罪について考える
講師:山崎友也 氏(人間社会学域 准教授)


裁判員制度について「どのような意図があって導入された
のか」「国民にはどのようなことが求められているのか」を
講義していただきました。
 
  講座3:世界の高校生が学んでいること
講師:本所 恵 氏(人間社会学域 准教授)

世界の教育制度の比較をすることで、改めて「自分を知る」
ことの大切さや、当たり前だと思っていることを「問い直す」こ
との大切さを教えて下さいました。 
講座4:デジタル信号処理
     〜コンピュータで音声や音楽を加工する〜
講師:平野晃宏 氏(理工学域 講師)

音の加工はスマートフォン等、君たちの身近なところにも
役立っている
!!
 
  講座5:生命科学の最前線
講師:檜井栄一 氏(医薬保健学域 准教授)


ロコモティブシンドロームとは?
骨量を増やす因子を見つけ、健康寿命を高める研究を
している。

講座6:人々の健康に貢献する看護
講師:須釜淳子 氏(医薬保健学域 教授)

看護とは?その現状とは?看護に進む道とは?

金沢大学では海外からの留学生と共に、看護を学べる!!
  
 
 



(2016.10.13)

◎1年生:防犯教室を行いました。
羽咋警察署の生活安全課の黒田氏をお招きし、防犯教室を行いました。不審者に出会った時には、大声を出して逃げることが大切であることを学びました。教職員が「さすまた」の使い方を、また、生徒は護身術を教わりました。


  


 さすまたは、 はさみうちで!!
     
  護身術を使わない ようにまずは逃げる!!




(2016.10.07)

◎1年生:命を大切にする講演会を実施しました。
大阪府から一井彩子氏が来校し、ご自分の体験を織り交ぜつつ「みなさんには、加害者にも被害者にもなってほしくありません」、「生きることを頑張ってほしい」と思いを語られました。

   悩みがあったら必ず 誰かに相談して下さい。   
   
     




(2016.09.27)

1年生:学年集会を行いました。
2学期の中間考査の発表がありました。1年生では考査に向けた学習法の説明と生活面の質を向上させるための話をしました。自らの生活を振り返りどうすれば質を上げられるかを考えました。

   



 学んだことをさっと引き出しから 出せるように復習をしましょう!
 
  
 
英語の知識を互いにチェック!!
 



(2016.09.08)

◎1年生:学年集会を行いました。
7限目に学年集会を行いました。火曜日に行った2年次の科目登録について地歴公民科からの補足説明がありました。その後、卒業生の池田樹さん(名古屋大学情報文化学部社会システム情報学科1年)の話を聞きました。大学のこと、高校時代のことなどいろいろな角度からの話でした。生徒達は、この話からこれからの自分について考えたようです。


   
〜科目選択について〜 

  授業で頑張れるようにすること! 小テストでも本気で勉強して、 コツコツ積み上げることが大事です。 得意科目を作って勉強を楽しんで!
   
〜大学生活と高校時代について〜 

   


(2016.09.06)

◎1年生:科目登録説明会を行いました。
文系、理系の選択に関する説明会を行いました。教務課の先生からパワーポイントを用いたわかりやすい説明がありました。「将来の夢を意識し、そのためにどの大学、どの学部に行きたいか、進学のためにどの科目を選ぶのか」という流れで決めてほしいというお話でした。今後、生徒達は、大学調べをして自分の道を考えていきます。

お知らせ : 1年生保護者の皆様へ向けた科目登録説明会を、9月23日(金)16時30分から開催いたします。お忙しい折とは存じますが、ぜひご参加ください。


    
 


(2016.09.01)

◎1年生:学年集会を行いました。
学年主任が、1年生の2学期が人生を決め、自分を向上させる大事な時期であること、生活のことについて話をしました。学校生活のことだけでなく、社会に出た時のことにも触れ、どういう在り方が良いかを考える内容でした。

   大きなプロジェクトに臨んだ時だけ しっかりやればではなく、 ふだんの姿勢が大事で、その人の人生を決める!!
   


(2016.08.02〜2016.08.04)

1年生の希望生徒対象にインターンシップ(就業体験)を行いました。詳細はこちら(PDF)

 


 
 
   


(2016.07.19)

◎1年生対象に租税教室を行いました。
税理士の西浦雅人先生に講義をしていただきました。
社会における税金の役割や税金を払うことの意義、また、社会人になるうえでの心構えを教えていただきました。

  
講師:税理士 西浦雅人 氏
   
   


(2016.07.12)

◎1年生:エイズ教育講演会を行いました。
 北陸HIV情報センター代表今井由三代氏をお招きし、「健康な性と生を生きる」〜HIV/AIDSという病気から見えてきたこと〜をテーマにお話をしていただきました。現在若い世代の患者が増加しており、他人事だと思わずに、身近な病気としてエイズのことをよく知ってほしいと話されました。
   
   
〜生徒の感想より〜   
・元気な人でもHIVに感染していることもあるし、妊婦さんが感染していると胎児も感染する可能性があるので検査は大事だと思いました。
・この病気のことを知ることが予防につながるということを知りました。 






(3026.06.16)

◎1年生:羽咋警察署生活安全課生活安全係長黒田氏を講師にお招きして、薬物乱用防止教室を行いました。
薬物乱用は世界の国々で深刻な社会問題となっており、日本も例外ではないということ、薬物だとはわからないような名前で売られていること、人体にもたらす害が大きいことを話して下さいました。正しい知識と誘惑に負けない強い心を持つ必要があるということを生徒達は学びました。


  

演題「薬物乱用および犯罪の防止について」
 一度やってしまうと 負のスパイラルから抜け出せません。 自分だけでなく家庭など 周囲もめちゃくちゃになります!!
 
  


(2016.06.09)

◎1年生:加賀屋経営総務室教育課長の細川隆之氏(本校卒業生)を講師にお迎えし、おもてなし講座を行いました。
おもてなしのプロのお話ということで、生徒たちはメモを取りながら、熱心に聞きました。相手を思いやる視点が必要なことは、事前の学習会で理解していましたが、細川氏のお話で、相手の見える面だけでなく、それ以上に相手の背景を想像し、最大限の努力をするというお話に驚く場面もありました。これから羽高祭のおもてなしについて考えていきます。

   おもてなしとは、 お客様の立場に立って、当たり前のことを当たり前に!! チーム一丸となって形にする。
   
クレームとは、 期待されている証拠 
  
 想像力を働かすための"感性を"磨く。 おもてなしの達人になるためには、 決めたことを決めた通りに"徹底"する。 

 
   


(2016.05.26)

◎1年生おもてなし講座の事前学習を行いました。
高校生のできる「おもてなし」について、相手のことを気遣って行動することの大切さを理解し、これからの社会に他と協調しながら主体的に関わる力を育てることをねらいとして、6月9日(木)に「おもてなし講座」を行います。その事前学習として、「羽高祭におけるおもてなしを考える」と題して、クラスで話し合いを行いました。積極的に話し合いました。

     
身だしなみは清潔に! 相手のために、最大限の努力が必要! 〜生徒の話し合いから〜  
     





(2016.05.19)

◎1年生:外部講師を招いて、進路講演会を行いました。
「進路希望の実現に向けて」について、話を聞きました。中学校と高校の違いや、進路実現のポイント、今後の学習ポイント等について学びました。


 
 

やる気アップのコツは…!

生徒達は、メモを取りながら、一生懸命に話を聞いていました。 
 
   


(2016.04.13〜04.14)

◎1年生:国立能登青少年交流の家で、『宿泊学習オリエンテーション』を行いました。
予習を中心とした学習習慣の早期確立を目指して、国語・数学・英語の学習法を学びました。どの教科も予習が大切とし、具体的な予習の仕方を説明しました。生徒達は真剣そのものでメモを取りながら熱心に聞きました。その後学んだ仕方で予習も実際にしました。わからない点を質問しながら取り組みました。また、仲間作りのグループエンカウンターも行いました。人としてのあたたかさあふれる演習となりました。いろいろな場面で声をかけ合い、助け合う姿が見られました。

   
各教科(国・数・英)の学習法について話をききました。
 
グループエンカウンター「いいとこさがし」をしました。 
 


 


               予習の習慣を   身につけたい!!
   



(2016.04.12)

◎1年生対象に、生徒会執行部の生徒達が中心となって、各文化部・運動部の生徒達による部紹介を行いました。
生徒会会長歓迎の挨拶や各文化部・運動部の生徒達による趣向を凝らした部紹介、部加入手続きの説明、最後に生徒会執行部の生徒達から1年生にむけて様々な学校行事についての説明がありました。1年生は先輩の紹介を一生懸命にきき、楽しい雰囲気の中、部紹介は行われました。

 
  新聞部作成
『羽高新聞・新入生特集号』

 
   
   
  部活動に参加して 共に歩きましょう!
 

 
 



(2016.04.11)

◎1年生:オリエンテーションを行いました。
教頭先生より、「進路実現にむかって努力していく中で人間性の成長も図ってほしい。自ら課題を見つけ自ら進んでことにあたってほしい。高い志を持ち、受け身ではなく自ら一歩前に出て、行動する姿勢を身につけていってほしい。」と話がありました。引き続き各課の先生方から、これから始まる日々の学習や進路などの学校生活について説明をききました。1年学年会からの話では、学年会紹介もありました。 1年生は緊張した面持ちながら、一生懸命にメモをとりながら、話をきいていました。


 
   
   
   
   
  1年間よろしく お願いします 

                            

 Copyright(C)Hakui High School. All Rights Reserved.
このサイト内のテキスト、画像等の無断転載を固くお断りいたします。