石川県立羽咋高等学校
  Ishikawa Prefectural Hakui High School
〒925-8550
石川県羽咋市柳橋町柳橋1番地 
 
TEL(0767)22-1166 FAX(0767)22-0791 
本文へジャンプ


  医志・教志未来塾

(2017.12.08)

◎12月8日(金):連携セミナー
2学期の期末考査終了後、午後から連携セミナーを行いました。金沢星稜大学人間科学部の清水教授をお招きし、11月18日(土)に考えた指導案で実際に授業を行いました。グループの代表者による授業はどれも創意工夫されており、清水先生から評価されました。模擬授業の内容をさらに改善するにはどうすればよいのか等の助言をいただいたことで、参加者は、今後も教師を目指して努力し続けるでしょう。


       
               ここで、メロスの 心情を考えましょう。
 
 
      表情がとてもよくみんな 生き生きと授業が できていました。(清水教授より)
  
 
     
       


◎11月18日(土):連携セミナー
金沢星稜大学人間科学部の佐藤教授をお招きし、連携セミナーを行いました。2年生の教師志望者9名が参加し、3人ずつのグループで活動しました。9:00から11:30までの約2時間30分で、最初に教師が授業をする時に大切なことは何かを考えました。次に小中学生に向けて授業をするとしたら何を取り上げ、どのような授業にするかを考え学習指導案をつくりました。「場合の数」、「俳句」、「走れメロス」の3つの教材を扱うことになりました。12月8日(金)には、グループの代表が模擬授業を行います。


       
       
       
       





(2017.11.03)

1、2年生の生徒対象に、山内太地氏(一般財団法人大学イノベーション研究所.所長)による講演会が行われました。生徒たちは、高校生活での学習方法、進路選択等について学びました。おもしろくわかりやすい話で、自らの進路をじっくりと考えさせられる有意義な講演会でした。

     



 
 能動的学習が 大事!!
         
           
         
           
           



(2017.08.07)

◎8月7日(月)、医学部や、看護学部への進学を志す生徒たちが、金沢医科大学医学部との連携セミナーにおいて、医療実験・実習(遺伝子解析実験等)を行いました。再生医療センター等の最先端医療の研究施設も見学しました。生徒たちにとっては、将来医療の道に携わりたいという夢の実現に向けた有意義な体験活動となりました。なお、セミナー実習の様子や、「医志・教志未来塾」の取り組みについては、8月10日(木)のNHKかがのとイブニングでも、放送されました。

     
     
     
     


(2017.08.02〜2017.08.04)

◎8月2日(水)〜4日(金)、羽咋中学校、宝達中学校、邑知中学校において、教師を志す生徒たちが、中学生に夏休みの宿題(英語・数学)等を教える学習支援活動を行いました。3日間の学習支援では、教えることの楽しさや難しさを体験し、将来教員になるという夢の実現に向けた有意義な活動となりました。

   
 
   
     
     






(2017.06.30)

◎2年生の教員志望者対象に、金沢大学人間社会学域・学校教育学類准教授の松田洋介先生による講演会が行われました。生徒たちは、教師の仕事、適正、大学での履修内容等について学びました。おもしろくわかりやすい話で、教員のやりがいや、魅力について考えさせられる講演会でした。

   教員の仕事とは? ・人を育てること ・生きる力をつけること      ・・・・等
 
 
 
 
 
   
   

 back

 Copyright(C)Hakui High School. All Rights Reserved.
このサイト内のテキスト、画像等の無断転載を固くお断りいたします。