沿革の概要

本校&すみれ台分校
  昭和46年4月1日
    ・国立療養所医王病院内に筋ジストロフィー児の病弱学級として、若竹学級(金沢市立不動
     寺小学校並び森本中学校)が開設する。
    ・国立金沢病院内に長期療養児の病弱養護学級を開設する。
    ・金沢市立小立野小学校すみれ分校を開設する。
    ・金沢市立市紫錦台中学校すみれ分校を開設する。
  昭和50年4月1日
    ・若竹学級を県立学校に移管し、石川県立医王養護学校が開校し、児童生徒は編入学する。
    ・すみれ台分校(金沢市立小立野小学校並び紫錦台中学校)を県に移管し、石川県立医王養
     護学校すみれ台分校が開校する。
    ・初代校長、菅野八郎就任する。教員13名、事務1名 
  昭和50年9月17日
     ・開校式を挙行する。
  昭和51年4月1日
     ・医王病院内に中学卒業生を対象に訪問学級(山びこ学級)を開設する。
  昭和52年4月1日
     ・第二代校長、松内幸吉就任する。
  昭和53年4月1日
     ・山びこ学級を閉鎖し、高等部を開設する。
  昭和55年5月
     ・医王病院小児病棟の開棟に伴い、中学部第3学年へ2名転入学する。
  昭和57年4月30日
     ・新校舎工事が完了する。(金沢市岩出町ホ1番地)
  昭和57年5月17日
     ・新校舎へ移転する。
  昭和58年4月1日
     ・第三代校長、中森靖就任する。
  昭和60年4月1日
     ・第四代校長、松野信雄就任する。
  昭和60年11月16日
     ・創立10周年記念式典を挙行する。
  昭和62年4月1日
     ・第五代校長、山越光就任する。
  平成2年4月1日
     ・第六代校長、長井晃就任する。
  平成4年4月1日
     ・第七代校長、村本恒夫就任する。
  平成5年4月1日
     ・高等部に慢性疾患児の学級を開設する。
  平成6年11月26日
     ・創立20周年記念式典を挙行する。
  平成7年3月24日
     ・運動場の人工芝工事が完了する。
  平成7年3月31日
     ・石川県立医王養護学校すみれ台分校を廃校する。
  平成7年4月1日
     ・第八代校長、鰀目敬就任する。
  平成8年9月12日
     ・金沢大学医学部附属病院入院児に病院訪問教育を開始する。
  平成10年3月25日
     ・石川県バリアフリー化緊急整備工事が完了する。
  平成11年4月1日
     ・第九代校長、畑中俊勝就任する。
  平成13年4月1日
     ・第十代校長、新保紘子就任する。
  平成15年4月1日
    ・第十一代校長、松田雅美就任する。
  平成17年4月1日
    ・第十二代校長、山下茂就任する。
  平成17年9月17日
     ・創立30周年記念式典を挙行する。
  平成19年4月1日
    ・第十三代校長、清水實就任する。
  平成22年4月1日
    ・校名が変更され、石川県立医王養護学校から石川県立医王特別支援学校となる。
    ・第十四代校長、神谷学就任する。
  平成23年4月1日
    ・第十五代校長、苗代正盛就任する。
  平成25年4月1日
    ・第十六代校長、氏家知夫就任する。
  平成28年4月1日
    ・第十七代校長、吉田泰就任する。
医王病院分教室
   昭和51年4月1日
    ・医王病院内に重症心身障害児を対象に訪問学級(あすなろ学級)を開設する。 
   昭和54年4月1日
    ・訪問学級を閉鎖し、医王病院分教室小学部を開設する。
   昭和55年4月1日   
    ・医王病院分教室中学部を開設する。
   平成6年4月1日
    ・医王病院分教室高等部を開設する。全学部全日教育となる。
病院訪問教育
   平成8年9月12日
   ・金沢大学医学部附属病院にて、病院訪問教育を開設する。
   平成8年11月11日
   ・金沢医科大学病院にて、病院訪問教育を開設する。
   平成9年3月31日
   ・金沢大学医学部附属病院での病院訪問教育を金沢市に移管し、金沢市立小立野小学校並
    び金沢市立紫錦台中学校の院内学級となる。