教育目標と方針

教育目標
  • 本県唯一の病弱教育を行う特別支援学校として、児童生徒の能力や可能性を育む教育を推進し、知・徳・体の調和のとれた人格形成に努める。
教育方針
  • 「明るく、仲良く、強く」生きる資質や能力を育み、自尊感情の涵養と他者を尊重する心を育て、心身ともに「安心して学べる安全な学校」をめざす。
  • 医療と連携し、病種、病状並びに発達段階に応じた教育を推進する。
  • 学外に病弱教育に関する情報提供を図り、病気や障害のある児童生徒の教育的支援を果たす。

小学部の教育目標
  • のびのびとした楽しい学校生活の中で、一人一人の持っている力を伸ばす。
  • 自分で考え、助け合い、目標に向かってがんばろうとする力を養う。
  • 生活リズムを整え、毎日登校できる丈夫な身体と心をつくる。
  • 情緒の安定を図り、障害や病気をのり越える心と自ら学ぶ意欲を育てる。
中学部の教育目標
  • 人とのふれあいの中で自分の良さに気付き、よりよく生きようとする心と力を育成する。
  •   
  • 社会的自立に向けて、自分の障害や病気を理解し、改善・克服してゆく力を育てる。
  •   
  • 自ら進んで実行し、最後までやり遂げる意欲を培う。
  •   
  • 相手の立場に立って考え、互いに助け合い行動する態度を養う。
高等部の教育目標
  • 高等部の生徒として自覚をもった発言と行動ができるよう、明るくたくましく生活する態度を養う。
  • 自己の持てる力を最大限に発揮する態度を養う。
  •  
  • 相手を尊重し、相互に助け合う態度を養う。
  •  
  • 科学的・社会的・文化的探求心を養い、日々向上に努める意欲を培う。
  • 卒業後の生活に向けて、積極的に社会参加していこうとする意欲を育てる。
分教室の教育目標

  • 児童生徒の生きる力を大切にしつつ、個々の持つ能力を最大限に引き出し、心身の調和的発達を図る。
  •   
  • 医療機関や家庭との緊密な連携を保ち、病種・病状並びに発達段階に応じて学習内容を精選し、継続的に指導する。
  • 人とのふれあいをとおして、経験の幅を広げ、日々の生活を豊かにする。
病院訪問教育の目標
  • 医療機関や家庭との緊密な連携を保ち、病種・病状並びに発達段階に応じた教育を推進する。
  •   
  • 学習の遅れなどを補完し、健康回復への意欲等を育てる。
  • 情緒の安定を図り、豊かな人間性を養う。