学校紹介

学校長あいさつ

 石川県立七尾城北高等学校のウェブページにアクセスしていただきありがとうございます。
 本校は、夜間部定時制の普通科高校です。昭和23年に県立七尾実業高等学校定時制課程として発足し、昭和27年に県立七尾高校定時制課程から分離独立して県立七尾城北高校となりました。これまで働きながら学業を修めた卒業生は、1,700名を超え、地元の七尾鹿島地区を中心に、地域の中核をなす人材として多方面で活躍しています。
 本校では社会で生きていく力(適応力)を身に付け、地域に貢献する人材を育成するために、ルールやマナーを守り、コミュニケーション能力を育み、自ら課題を発見し解決できる力を養えるよう教職員一丸となって取り組んでいます。また保護者や地域の方々から信頼していただける学校づくりを目指しています。
 「基礎・基本の定着」
 「コミュニケーション能力の育成」
 「給食を通した食育」
 「生徒個々の進路実現」
 「生き生きとした生活を送るための健康学習」
の目標達成のため、一人ひとりの生徒を大切にし、授業や学校行事、生徒会行事を行っています。

             学校長 山口 和人


             (平成28年4月8日更新)

本校の特色

●地域から「城北」として親しまれ、卒業生は地域の担い手として活躍しています。
●夜間定時制、単位制、2学期制を導入しており、授業は一日に4限です。
●給食があり、食堂で教職員と生徒が一緒にとることができます。
●制服はありません。
●アットホームな雰囲気の中、生徒と教職員の心のふれあいを大切にしています。
●入学年齢にこだわらない生涯学習の場になっています。
●この学校でやり直そうと決意を新たに入学する高校中退者や転校生を積極的に受け入れています。
●本校に「やすらぎ七尾教室」も併設されており、連携を図り指導を行っています。
●JR七尾駅から徒歩7分、静かなたたずまいで、七尾高校と隣接しています。
●近くに小丸山公園や県立七尾美術館、七尾市総合体育館があり、環境に恵まれています。

校歌

ページ上部へ