電子情報科


 課題研究 平成23年度

3年生になると今まで勉強したことを活かし、1年を通して研究を行います。
    
    研究テーマ(H23年度)
 1 Androidアプリ開発
 2 マイコンカーの制作
 3 リモートセンシングの研究~震災前後の衛星画像解析~ 
 4 PIC制御基盤の制作
 5 シーケンス制御の研究
 6 プログラミング技術の基礎と応用
 7 電子回路の研究
 8 電子情報科WEBページの制作
1.Androidアプリ開発
Androidアプリ開発
Androidとは、スマートフォンやタブレットPC などの携帯情報端末を主なターゲットとして開 発されたLinuxベースのモバイル用オープンソー スOSである。このOS上で動作するアプリケーシ ョンの開発環境は、全てフリーで提供されている。 近年、世界的にシェアを広げているこのOS上で 動作するアプリケーションの開発手法を、アプリ を通じて学んだ。 県工展パネル(PDF形式) 2.マイコンカーの制作
マイコンカーの制作
マイコンカーラリー競技大会は、ルネサスマイコ ンカーラリー事務局の承認マイコンボードを搭載 した完全自走式マシンで、規定コースの走行タイ ムを競うものである。カーブ、直角カーブ、レー ンチェンジ、坂道などで構成されたコースを光セ ンサ等で感知しながら走行するもので、プログラ ミングが勝負の大半を左右する。また、制限があ る中での車体制作にも様々な工夫が必要である。 北信越大会に向けて試行錯誤しながら研究を進め ていった。 県工展パネル(PDF形式) 3.リモートセンシングの研究~震災前後の衛星画像解析~
リモートセンシングの研究~震災前後の衛星画像解析~
2011年3月11日に東日本大震災が発生しました。 津波で被災した石巻市周辺の衛星画像から、どれ くらいの被害があったのか震災直後の画像解析調 査を行った。画像解析した結果から、被害の大き さ(面積)を確認することができた。 県工展パネル(PDF形式) 4.PIC制御基盤の制作
PIC制御基盤の制作
今年度の新入生から電気・電子実習の教科書が新 版に変わりました。中でもPICの制御基盤の制御 プログラムが、アセンブラからC言語にかわって いるので、自習で学んだPIC製作を応用して新し い実習基盤の製作とC言語での開発環境を構築し ました。さらに、LED制御を応用して信号機の製 作に取り組んでみました。 県工展パネル(PDF形式) 5.シーケンス制御の研究
シーケンス制御の研究
有接点・無接点シーケンス制御に必要な電子機 器の性能・特徴とシーケンス制御における各種 基本回路と実践的なシーケンス制御に必要な知 識と技術についての研究を行い、実践力が身に 付いたかを確認するため、全員が厚生労働省が 実施する3級「電気機器組立てシーケンス作業」 を受験した。 県工展パネル(PDF形式) 6.プログラミング技術の基礎と応用
プログラミング技術の基礎と応用
3年間で学んできたプログラミングの基礎を活 かし、もっと規模が大きいアプリケーションプ ログラムを作成したいと考えていた。プログラ ム言語には、これまで学んできたC言語と違い、 Java言語を利用することにし、一から勉強に取 り組んだ。CHaserという対話型のゲームに取り 組むことから始め、オリジナルのゲームを作成 することを目標として研究を進めてきた。 県工展パネル(PDF形式) 7.電子回路の研究
電子回路の研究
近年身の回りの家電製品や玩具は機能が高度化 され、そのためソフトウエアの変更で様々な 機能を実装できる組み込みシステムを用いる手 法が一般的になってきた。中でもワンチップマ イコンと呼ばれる組み込み用CPUは、機能に 応じて様々な種類があり使われている。今回我 々は、3種類のワンチップマイコンを使い、プ ログラムでいろいろ変化するイルミネーション やオルゴールを製作しようと試みた。 8.電子情報科WEBページの制作
電子情報科WEBページの制作
3年間の中で学んでこなかったHTMLを課題研究 を通して学び、これから入学を考えている中学 生とその保護者や企業の方・外部の方により電 子情報科の良さを知ってもらいたいと思いWEB 制作に取り組んだ。 県工展パネル(PDF形式)