金沢区工業学校から石川県立工業高等学校へ
兼六園校舎で1回、本多町で4回の改称
 
 
ギャラリー雪章運営委員
濱岸 勝義
 
1.はじめに 
 明治に入り藩政時代に栄えた石川県の伝統産業である九谷焼、輪島塗、山中漆器、加賀友禅などが衰え始める。廃藩とともに衰えたとも、廃藩で技術者育成を怠ったことと資本力の問題
などと絡めて話されるが、何れにしろこまねいていたわけではない。
 県が取った一つの策として技術指導のために納富介次郎を何度か招いているといったことは前回の研究紀要(Vol26.2002)で取り上げたが、当然ながら地元有志も復活にかけて様々な策を講じていく。そのなかで、納富介次郎巡回指導技師(農商務省)を本県に引き止めたい県側は私立画学校の設立運動の盛り上がりのなかで画学校の設立話などで納富の気を引こうとする。納富はその画学校設立は良い話と答えながら、欧米で学び技術者を育てる学校の必要性を感じていたので区会議員を説得、県の持ちかけ話は数ヶ月後に様相を一転する。明治20年7月、金沢区工業学校として工業学校が開校するのである。その後、表−1のように改称5回目にして今の石川県立工業高等学校と称されるようになった。
表−1
金沢区工業学校として創立 明治20年(1887)7月〜明治22年(1889)3月
石川県工業学校と改称 明治22年(1889)4月〜明治34年(1901)5月
石川県立工業学校と改称 明治34年(1901)5月2日〜昭和23年(1948)3月
石川県立金沢工芸高等学校と改称 昭和23年(1948)4月〜昭和24年(1949)3月
石川県立工芸高等学校と改称  昭和24年(1949)4月〜昭和33年(1958)3月
石川県立工業高等学校と改称  昭和33年(1958)4月〜現在に至る
 その間に社会情勢の変化と共に支障をきたしていく学校運営。それを克服せんと練られる対応策と本校の発展に寄与された方々を改称時を節目にして紹介したい。また、公表をこばまれていた関係者より許可を得られた資料などをめて紹介する。
 
2.低迷する特産工芸品とその対応策
 ここで維新以降、本校創立以前までに何度と無く低迷する特産工芸品を繁栄に導くために採られた様々な対応策を取り上げたい。
 
2−1納富介次郎に委ねる(巡回指導技師として2度)
 ウィーン万国博覧会が開催された明治6年に金沢区方勧業場、(後の石川県勧業試験場)に製陶工場を設け金沢の九谷焼の発展を図る。同年3月、ウィーン博覧会に金沢から納富介次郎円中孫平が渡欧するとあり、前年に納富介次郎が来県しウィーン万国博覧会に石川県より出品するための指導があったと思われる。明治9年、円中孫平がフィラデルフィア博覧会に石川の物産品を出品するため渡米、いずれも一等賞牌を得る。さらに、ニューヨークでローム商会より生糸の注文を大量に受ける。これは日本生糸が米国に輸出される最初と言われる。この成果の背景には全国に各地で繰り広げられた納富を中心とする指導があった。よって国内の美術工芸において改革が成され、質が向上した。しかしながら年代が代わって明治23年のシカゴ万博催地で好評をるが、外国人好みとはいえ伝統を模倣した粗雑な物が出回りはじめ、また下降し始める。納富の嘆くところで本県においても同じく上昇下降を何故か繰り返していったことを追記しておきたい。
 明治9年12月4日、金沢区方勧業場を県営に移し石川県勧業試験場に改める。明治13年には石川県勧業試験場を県立にするなどして特産産業の保護育成につとめる。
 明治13年10月、県内教育の普及発展をはかることを目的に金沢教育社が設立される。事務所を東本願寺別院に置き、雑誌を発刊し演説会を開くなどした。14年2月、後に本校2代校長となる内山行貫が社長に、副社長に同じく本校3代校長となる沼田悟郎が選出された。15年に金沢教育社は解散し金沢教育会が設立された。
 明治15年(4月〜9月)石川県から陶器、銅器、漆器の改善を依託されて来県した納富が目にしたのは、同業者間における互いの敵視のもと、わずかな利益を奪い合い、粗製濫造の弊害をまねいている現状であった。この悪循環から脱するための策として団結利得の具体策として「組合組織」の方法を指示した。後に農商務省からでる組合準則はこの組合制を基礎として制定された。
 次いで19年に巡回指導技師として着任(4〜10月)。その指導内容は指導技師の域をはるかに超えるもので、着任と同時に「支那への工芸輸出貿易」を国策として進めることを提案する。この案の実現にそなえて息子の磐一や教え子の島田佳矣などに支那語の勉強を既にさせていた。 この提案は、金沢の資産家や実業家には高く評価され、大きく進展するかに見えたが、むなしくも県議会で否決されてしまう。
 何度と無く納富に関して書物を紐解くが、明治6年にウィンに渡る納富が何故に石川県代表としてなのか、また、工業教育発展に身を投じていくなかで本県出身者が共に活動するなど、納富と本県との親密な関係が未だに解けていない。
 円中 孫平は金沢実業界の先覚者と称される。維新前は五宝町40番地で笠商を、明治に入り金沢で製糸、銅器をはじめ各種企業に携わり海外貿易にも進出する。納富と共に県を代表しウィーン万国博覧会のため渡欧。フィラデルフィア博覧会でも手腕を発揮する。片町郵便局長なども務め、明治43年7月5日、81歳で逝去。
 
2−2伝統美術復興の動きと私立画学校の設立運動
 明治18年5月10日、日の出新聞(京都)は北越より帰来人の談として「石川県の疲弊困窮は実に名状すべかざるものあり、輪島の漆器、九谷陶器などの工芸品は全然さばけず金沢の人口95,000人の十分の一は其の日の暮らしにも差しつかえる貧民なり、近来乞食の数を増し毎朝群をなし横行、其の惨状見るに忍びず」と報じている。そのような中で私立画学校の設立に向けた動きがみられる。明治18(1885)年、成巽閣の隣に設けられていた石川県勧業博物館内に蓮池会と同行者の集まりで絵画研究会が設けられる。フェノロサ・岡倉天心らの伝統美術復興の動きによるもので、絵画を盛んにして石川県の特産工芸品の改良を進めようと考えていた。県の殖産課に務めていた宮崎豊治と絵画研究会や蓮池会が中心となって私立画学校の創立をはかる。
 この運動が実り「画学校の創立もやむなし」と県側は考えようになる。「やむなく」としたのは工業教育に対する理解の乏しさと苦しい財政のなかで、明治19年に納富(3度目の来県)の指導を受け、遺憾なく手腕を発揮する介次郎を本県に引き止めたいという策略との絡みを隠せないからである。
 
2−3宮崎豊治について
 弘化元年金沢で生まれる。明治維新後、金沢区吏となる。かねて「維新に際して我が藩人は薩長土肥に先んじられたが、これからの日本を発展させるのは本県人である」と主張していた。明治6年、維新政府で北海道平定の功により参議兼開拓長官となった黒田清隆(後の2代内閣総理大臣)の賛助を得て、同年5月北海道樺太を視察。将来石川県人による拓殖に適していると「北海道紀行」(7年6月林顕三編6冊刊行)に著して宣伝したが本県人の消極的な気風から同調されることはなかった。この失敗をもとに今度は県内の産業を振興し、ひいては日本の産業を発展させる源とするために県勧業課の吏員として歴代の長官、課長を助け、一吏員ではあったが美術工芸の奨励、発展に力を入れる。明治23年登用せられて勧業課長となり、同27年大阪附属に転ずることとなる。ここに工芸の先進県と目されるに至ったのは20年間に及ぶ豊治の画策勧業方針策によるものである。明治27年12月11日京都府に転出する。金沢区工業学校として開校し、2年後の明治24年4月にようやく経費地方税支弁となり、県立移管へと進展する。創立はもとより、これらについても豊治が力を尽くしている。
 
3.「金沢区工業学校の創立」実を結んだ私立画学校の設立運動
 私立画学校の設立運動の趣旨と県側の納富を本県に引き止めたいという思惑により、金沢区にすすめて画学校を創立させることとなった。納富が考える学校とは「学理を講究してこれを応用する技術者を教育する工業学校」であった。納富は区会議員の啓蒙に全力を振るった。  金沢区に(明治)20年度予算総額2,484円をもって金沢区工業学校の創設を可決させた。この学校は金沢区を中心とする石川県産業発展の中堅となるべき重みのあるものとなった。
 
3−1金沢区工業学校開校 明治20(1887)年7月(日付は未だ不明)
 金沢区工業学校は明治20(1887)年7月、成巽閣の隣に設けられていた石川県勧業博物館の一部を校舎として創立された。この勧業博物館はわが国最初の博物館として明治9年に創立されたもので、産業の各分野にわたる陳列品2万4千余点を18区に分類・展観されていた。別に図書室があって9万冊の蔵書があった。
 間借りのようであったが、同年9月には金沢学校が閉校になるので、ここに仮校舎を移転することになっていた。開校式については予算不足のため納富初代校長の考えで次年度に引き延ばそうとした。ところが文部大臣森有礼が第四高等中学校開校式に来県したのがきっかけになり、10月26日午後1時より成巽閣で開校式を挙行することとなった。
 同年11月、予定にしたがって移転を行い正式の校舎とした。しかしながら工業学校としては手狭なため12月に色染科染教室・理化学教室として平屋建17坪余りを、さらに染教室・描金教室(実験実習を主)として2階建て42坪を増築した。これにより校地を200坪拡張することとなったが、それでも充分とは言えなかった。
 
3−2開校当時の教職員
 開校当時の教員を紹介するドクトル・ゴットフリート・ワグネルに師事したされた方も含まれている。
 
高橋 富兄 (梅園、古学舎と号す)明治20年〜23年在職(国文学、書道)
 文政8年金沢に生まれる。幼くして明倫堂に入り、明倫堂国学主講師となる。本校開校時から教師として国文学等を担当する。その後、明治26年9月15日、第四高等学校教授に任官する。
大正3年、90歳で逝去。
 
相川 豊男 (松濤と号す)明治20年〜23年在職(彫刻)
 安政6年金沢に生まれる。9歳の時、明倫堂に入り漢学を習い、併せて剣道をも習う。幼少より彫刻を好み、その才能が認められて高村光雲の指導を受ける。本校開校時から教師として彫刻を担当する。昭和5年、逝去。
 
諏訪 蘇山 明治20年〜29年在職(彫刻)
 嘉永4年5月25日金沢市馬場6番町に父藩士諏訪重左衛門好方。母ていの子として生まれる。明治20年石川県立工業学校彫刻科助教諭として奉職する。
 初代校長納富介次郎と同じく、ワグネルに陶画(陶芸一般)を学んでいる。九谷焼の彫刻が得意で、本校所蔵の「葡萄透し花瓶」は展覧会に出品するために2点焼かれた。石川県立工業高等学校に1点、もう1点は輪島の南惣家が所蔵している。
 明治30年、京都錦光山製陶工場に招かれ京都にわたる。その後、五条坂で自営する。中国古代の青磁、白高麗を模することも得意で、余技として漆器も制作した。大正11年、72才で逝去。
 
友田 安清 明治20年〜26年在職(陶画科主任教諭)
 文久2年金沢に生まれる。明治14年より自家営業し、陶画の巧手として知られる。納富やワグネルに陶磁器製造、顔料調整の指導を受けている。本校創立時から陶画科主任教諭を務め、明治24年、研究中の顔料製造の成功を機に顔料製造会社「友田組」を創設する。
 当時、陶画顔料の一部を外国製の顔料に頼っていたが、友田顔料が輸入に頼ることなく安定供給の道を開いた功績は大きい。友田の白盛が有名で、大正中期に九谷焼の画風に青粒(あおちぶ)が加わるが、その画風誕生にも一役買っている。昭和期の友田組の工場は本多町にあった。
 
鈴木 惣太郎(華邨と号す)明治22年〜26年在職(絵画、図案意匠)
 文延元年、東京に生まれる。16歳で中島亨斎の門弟となる。納富校長の招きで明治22年から絵画、図案意匠を中心に教鞭を執る。明治26年10月31日に辞任(納富辞表提出の10日前)し帰京。華邨は明治4年に横浜で洋画を学んだ納富にその教えを受けていて、かなり親密であったと思われる。
 
村上 九郎作(鉄堂と号す)明治23年〜26年在職(木彫工芸)
 慶応3年、小松市京町の彫り師の家にまれる。号を鉄堂と称し、明治20年、第2回勧業博覧会に出品した作品の技量が認められ、明治23年〜26年まで本校彫刻科の教師を務める。14,5歳のころには快心の作を彫りだしていたという。彼の作品は県内に殆どのこっていない。小松市本折日吉神社幣殿に猿を彫った物が有るという。明治26年に渡米し、その翌年、高岡工芸学校が創立され、校長の任に付いていた納富に招かれる。納富は体が弱かったため村上は校長心得として就任。十数年にわたり富山の美術工芸に尽くした。大正8年、52歳で逝去。
石川県勧業博物館 明治7年7月31日創設
 明治7年6月1日から30日間「金沢博覧会」が開催され、一日平均2,421人の入場者があった。その後、明治9年、木谷籐十郎らは博覧会社を組織し、わが国初の博物館を成巽閣とフォン・デッケン居館跡に開設する。明治9年4月から常設博物館となる。
 デッケンはドイツ、プロシア生まれで明治4年に鉱山学校教師として来沢した。デッケン居館は兼六園山崎山の下に新築された洋館(明治4年1月完成)で、成巽閣とは眼鏡橋で結ばれていた。明治13年、県立に移され石川県勧業博物館と称した。
 
金沢学校とは、13代加賀藩(主)前藩主前田斉泰(明治17年1月16日死去。享年74歳)の保護のもとに、明治11年、加越能三州青年の育英のための「育英会」が設けられ、明治17年7月から3カ年の予定で設立した陸海軍志望者の予備校であった。初めに広坂通りに開校し、同年9月に兼六園内の新築校舎に移る。明治20年9月には予定の3カ年に達したため、学校を閉鎖して石川県に寄付した。この金沢学校跡が金沢区工業学校の本校舎となった。
 明治34年、本多町に校舎を移すが、その講堂の入り口正面背後に前田斉泰の書になる「金沢学校」という額が掲げられていた。残念なことに昭和18年の火災で焼失する。
 
納富 介次郎初代校長 明治20年7月〜26年11月10日(24年4月とされてきた任期を改正)
 現在の石川県立工業高等学校は納富介次郎の識見によって日本の中等工業教育に10年は先んじて創立されたものである。よって世に例が無く、石川県の世論が学校を強く支持したわけでもなく、県当局の態度も先に述べた由来から考えられるように、きわめて冷淡なものであった。したがって維持経営は苦難に満ち、また、新たに教育者自体を育て上げることも必要であり、それら全てが納富にかかるので想像以上のものであった。開校間もなくして「廃止説・経費減額」が予算議会で公然と論議され、学校教育の本質が何も理解されていなかった。納富はこの状況を打破するために第3回内国勧業博覧会に優秀な製品を出品することで世論に訴えようと、寝食を忘れてその指導に努めた。が、元来体の弱い納富は明治23年、肋膜炎で倒れる。これが校長解任へ拍車をかけ、先駆者の多くがたどったように不遇のうちに帰京の途に付く。明治26年11月10日、県に対し正式に辞表を出した。(本校開校時に発揮した知略や納富の歩んだ工業教育については前回の紀要でまとめた。詳しくはそれらを参照にして頂きたい)
 
4.「石川県工業学校」と改称
 明治22年(1889)4月、県立中等学校に昇格。経費地方税支弁となり、校名を「石川県工業学校」と改称する。
 明治23年京都から刺繍教師を招いて、女子高等授産所を設ける。これが金沢における刺繍のはじめといわれる。
寄宿舎 明治24年に寄宿舎が創設される。金沢市内に住む生徒以外は原則として入舎することになっていた。同43年までに仮寄宿舎を9回にわたって移転している。
明治27年10月12日製陶科を新設する。   
 
4−1兼務校長時代
 2代校長内山行貫以後は長くて2年、3ヶ月余りの校長が名を連ねている。殆どが県の役人で兼務したものも多い。この時代の前半が本校の最も不振の時代で、廃校論までがとなえられる有様であった。この時、納富校長に対し、教務長より教諭へ、さらに教諭委託へと格下げを行う。
 
内山 行貫2代校長に就任 明治24年2月〜25年3月
 明治24年2月、内山行貫が2代校長に就任する。
 明治13年10月、金沢教育社が設立されるが、14年2月、社長に選出された。 明治18年、私立金沢幼稚園を広坂通に創設する。(県内初)
 明治23年共立尋常中学校が文部省の許可学校となり大谷尋常中学校仮称し、今川覚神に次いで校長となる。明治24年2月〜25年3月まで2代校長を務める。
 明治36年1月15日、岩手県で視学官の任に付いていたが、部下の中から(鈴木直三郎等)教科書事件関係者を出したことを悲観し最上川に身を投じた。享年55歳。
 
沼田 悟郎3代校長に就任 明治25年4月〜27年2月末 在職
 内山行貫と同じく金沢教育社で活動。副社長を務める。明治23年京都から刺繍教師を招いて、女子高等授産所を設ける。これが金沢における刺繍のはじめといわれる。
 
籠田 信次4代校長に就任 明治27年3月〜27年6月末 在職
明治27年10月12日製陶科を新設する。 
加藤 笂5代校長に就任 明治27年7月〜27年12月 在職
 
籠田 信次6代校長に就任 明治27年12月〜28年2月 (兼務)
 
掛飛 秀7代校長に就任 明治28年3月〜28年2月 在職
 
梅田 九栄について
 明治24年10月2日、市に初めて学務員4人が置かれた。神田正中、藤田真一、森川清五郎が市会に梅田は教員としてであった。
  
山本 光一について
明治27年6月10日 石川県工業学校、山本光一に銅器図案を委託(金沢の百年)
 「金沢市が主要物産の陶銅漆器に新案創意の意匠を生み出し販路を拡張するため、石川県工業学校の山本光一に図案数十種類を描くことを委託する。図案は市が保存して業者に貸与されることになる。」とある。
山本 光一 は絵画科教諭(職名、勤務期間不明)と記されるものがある。
 
4−2工業教育の育成に目覚めた県 (優れた人材の招聘)
 納富初代校長は学校創立に携わった辛苦と実業教員の指導監督などで、その疲労はかなりのもであった。明治23年、生来病弱であった介次郎は肋膜炎におそわれ、瀕死の状態におちいった。同年、父花守没す。国内情勢と言えば、政治的にも文化的にも不安と動揺が激しく、学校行政もその渦中にあった。病弱であることを理由に納富を追放しようとする動きがおこる。それは校長から教務長への降格から始まり、果ては教諭にされてしまう。介次郎門下の教員も免職となっていった。ついに介次郎は教授依託にまで降格され、明治25年の冬に病気療養の名目で教授依託のまま東京に帰えることとなる。介次郎はこの頃を「自分の半生中で最も不愉快な時期であった」と言っているが、工業教育現場は正にこのような状態であった。しかしながら変化する社会情勢のなかで県側の考え(認識)は変化していく。ここで北国新聞掲載記事2件を上げる。
明治26年8月16日 「納富氏の意見書」
 「石川県工業学校教諭納富介次郎氏より文部大臣へ呈すべき実業教育の意見書はすでに其の稿を脱したれば是より清書に取り掛かると云ふ聞く、氏は実業教育に於いて一つの新案を得たりと。」
 また、時を同じくして東京工業学校助教諭平塚弥太郎氏来沢機とし、本市内実業家は同氏に請ふて昨日(8月14日)午前9時30分より勧業博物館に於いて一席の談話会を開き来会者60余名にて「美術と工芸品の関係」について談話する。午前11時散会せりと云う。(平塚氏は夙に絵画の道に造詣(ぞうけい)するところありて常に美術工芸上の考案図に心を潜め勉強家なり)
 納富のいう「実業教育新案」とは如何なるものだったのか確認できていないが、先の記事からすると実業界の考え方も変化し、本県の躍進を石川県工業学校に託すようになる。まずは有能な教師達を招き入れる。また、教育史によると明治27年11月16日「石川県工業学校規則」が改定される。とある。次に挙げる7名の殆どは兼六園校舎に赴任し、校舎移転準備に携わりながら教鞭を執り、本多町校舎で移転の成果を発揮して金沢を後にしている。ここに日本最強の教師陣が揃うのである。
関 保之助
明治26年8月23日(北国新聞) 「工業学校教諭の任命」
 「東京府士族 関保之助氏は昨日石川県工業学校教諭に任ぜられたり同氏は客月東京美術学校を卒業せし人なりと云う」がある。
 
白井 保次郎 (雨山と号す)
明治26年9月8日(北国新聞)  「工業学校教諭の任免」 
 「石川県工業学校助教諭村上九郎作氏は翌日願いに依って本官を免ぜられ白井保次郎氏は同日同校教諭(月捧金35円)に任ぜられたり因みに記す村上氏は彫刻に最も名を得たる人にして白井氏は美術学校の彫刻科を卒業したる人なり」
 
竹内 吟秋 1831〜1913(82歳) 明治27年〜40年在職  
 天保2年 加賀市に生まれる。(初名 源三郎)嘉永3年竹内家を継ぐ。明治12年、維新舎を設立して陶画工の養成にあたる。後に、九谷陶器会社の総支配人兼陶工部長となる。シカゴ世界博覧会に平鉢を出品し、名声を博した翌年の明治27年に本校陶磁科教諭として奉職。明治40年まで教鞭を執り、九谷焼の発展に尽くした。大正2年、82歳で逝去。(最初に飯田屋八郎右衛門に赤絵を学んでいる)
 
板谷 波山 明治29年9月〜36年8月在職
 幼少の頃より陶芸の道に進みたかった。東京美術学校に進学。陶芸に関する科が設けられていなかったので彫刻科に進んだ。明治29年9月、波山24才の時、白井雨山の勧めで彫刻科教諭として赴任する。
明治31年3月、彫刻科が廃科となるが、陶磁科の担当を進められる。教鞭を執る傍ら作陶研究に没頭する。明治34年11月、「大日本図案協会」が設立され、設立正会員となる。明治36年8月、石川県立工業学校窯業科を辞職する。(明治32年に陶磁科が窯業科に改称している)
 
北村 弥一郎 明治30年〜34年在職
 明治元年、金沢に生まれる。工学博士(硬質陶器、磁器)である。本校在職は明治30年から34年と短い期間であったが、竹内吟秋、板谷波山、久保田米遷らと窯業科で教鞭を執っていた。
 日本初の結晶釉を完成(焼成)させたことでも知られるが、これらは本校在任中のことである。その作品は如何なる物かというと。
 窯業関連誌の文面「共進会報告」より
 世評一束(項目)                             
工業学校出品の「結晶釉花瓶」是は同校教諭北村弥一郎氏が苦心の結果発明した物である。元来西洋における結晶釉の形状は雪花の如くパッと開いたものなれど、北村氏の結晶形は圓形にして渦巻きをなし自から別趣の風致に富んで居る。(中略)斬新の釉薬にして第一の呼び物なり。また、宮内省御用品(項目)という項目では                    
 明治34年9月11日 御下賜金を忝うせし次第は(中略)出品者の最も光栄とする所たり。
                記
「結晶釉花瓶・白磁児童置物」 石川県立工業学校(中略)とある。           
 以上の事からして、本多町への校舎移転に伴い新たに窯を築き上げた明治34年に「結晶釉の調合・焼成曲線」を完成させたことが明確となる。当然ながらその窯は北村の設計である。少しの誤りであっても、必ず再試験を行って次に進む厳格さから生まれた。結晶釉の研究成果は、後に多くの陶芸家たちに影響を与えていった。 
 
久保田 米僊(べいせん) 嘉永5年〜明治39年1852〜1906(54歳) 明治30年〜明治31年 図案絵画科教諭
嘉永5年、京都に生まれる(本名 寛)。明治30年9月24日、久田校長と共に教諭に任命される。翌年の11月30日に辞任する。後任に山田敬中が着任となる。交友会を発足するにあたり母胎となった図案部に席を置いた米僊の役割は大きかった。わずか一年余りの在職とされているが、明治24年6月に久保田米遷著になる小学校4年生を対象に編纂された「小学校図画帖」が安江町の近田太三郎から刊行されなど、金沢はもとより納富や鈴木華邨らとの繋がりの深さがみられる。
 米僊は鈴木百年に日本画を学び、後の一派をなした。平生旅行を好み、アメリカ・フランス・中国に遊び、日清戦争に従軍して戦況を描いた。明治29年・31年、日本絵画協会絵画共進会で一等褒状受賞。明治31年、京都美術協会を創立し創立幹事となる。
 明治33年頃不幸にも失明し、39年に没した。代表作に「半偈捨身図」「牡丹と猫」等がある。非常な豪酒家であった。金沢の料亭「北間楼」で会合があった時、ハンカチに墨を含ませ金屏風に獅子を画いたが、酔っていても頗る傑作で珍重された。
 
山田 忠蔵(敬中と号す)慶応4年〜昭和9年1868〜1934 明治31年〜明治40年図案科教諭
 明治元年、東京浅草で生まれる。月岡芳年・川端玉章に学び、早くから俊才とうたわれた。明治29年、東京美術学校日本画助教授となったが、翌年岡倉天心校長等と共に総辞職し、日本美術院の創立に参画した。明治31年、久保田米僊の後任として本校図案絵画科(図按)に赴任し、明治40年3月30日、辞任する。9年間の在任であった。同年帰京、本格的な作画生活に入る。大正2年、川端玉章の死後、川端学校の教授となった。
 写生風の山水画が得意で、文展・帝展に出品し、しばしば受賞した。大正10年、無鑑査に推薦され、後に審査員として活躍した。昭和9年、66歳で逝去。代表作に「朝露」「妙音」「華の蜜」等がある。少々小柄で、眉毛が濃く怖い顔つきに見えたが、温厚な人であり、また、大変煙草好きで話をすると、しばらくで火鉢の周りに3列位とぐろをまいたという。本校へ赴任するに際し、久保田米僊の後任であるので、岡倉天心らがその選考ににあたった。多数の候補者の中から最後に下村観山と敬中が残り、遂に決しかねてジャンケンで決定し、新橋駅より岡倉天心はじめ大勢の万歳の声に送られて赴いたという。
 
 
写真−1 明治30年頃の教職員 写真−2 山田敬中作「放牧」
             
写真−1、前列右端が板谷波山、前列中央が山田敬中。
 
明治32年5月30日 (北国新聞)
 京都で開催中の「第二回全国絵画共進会」褒賞授与式が行われ、三等を山田敬中が、四等を久保田米僊・石野香南が受賞する。
明治33年1月14日 (北国新聞)
 山田敬中、中浜松香、岸浪柳渓、大西金陽らの揮毫会が金沢金城楼で開かれる。
 
4−3美術学校との太いパイプ
 本校は東京美術学校(現東京芸大)より一足早く創立されていて、美術学校とは情報・人材・技術面で太いパイプで繋がっていた。先に挙げた教師達の繋がりでいうならば、白井保次郎
が美術学校より本校に着任し、迷っていた板谷波山に対し石川の工業学校が良いのではとアドバイスしている。久保田米僊も美術学校から赴任するが、山田忠蔵との引き継ぎ劇があったにしても本校発展に寄与し、名声を高められた。さらに、昭和期に入ると東京美術学校に関係した校長が5代にわたり連続して就任している。「6.昭和に入る」で、そのつながりの強さを紹介したい。
 
梅田 五月8代校長に就任 明治29年3月〜30年2月(1月末)在職
 明治30年、英照皇太后崩御の翌日1月11日、兼六園内の料亭で新年会を開くが、酔歌乱舞となり警察沙汰となったことで市民の避難を受ける。校長は懲戒免職、列席職員は謹慎の処分となる。産業功労者と称されながら明治45年5月23日、78歳で逝去。
 
安原 時太郎9代校長に就任 明治30年2月〜30年9月(8月末)在職
 明治26年9月3日(北国新聞) 「県税決算調査委員の任命」
 「石川県参事官戸田恒太郎氏は明治25年度県税決算委員長を同県属、三好亘、中川長吉、籠田信次、安原時太郎、・・・・が昨日命ぜられたり」があり、籠田、安原両氏とも教育職畑というよりは県職員としての活躍が多い。
 
4−4兼六園校舎から本多町へ校舎移転計画
 明治32年3月9日(北国新聞)石川県工業学校が中本多町に建設が確定する。敷地6,800坪。と正式に報じられる。これは2月の議会で決定したもので3カ年計画であった。
 
久田 督(孝太郎)10代校長に就任 明治30年9月〜32年7月 在職
 金沢出身。七尾語学所の後は、中学東校小学所の訓蒙を命じられた。明治7年長崎英語学校に入学、翌年東京外国語学校に転じた後、更に開成学校予科から東大理学部に進む、明治14年化学科を主席で卒業、農商務省官吏の道を約束されていたが、父親の事業の失敗により教職の道を歩む。福井尋常中学校、三重県尋常中学校の校長を務めた後に本校校長となる。明治32年、石川県第一中学校(現県立金沢泉丘高校)の校長に転じたが、在職中の明治44年逝去。(1858〜1911)

明治33年1月9日 久田督について(北国新聞)
 勧業博物館内の図書室は廃藩置県の際に加賀藩明倫堂の蔵書を引き継ぎ、和漢の珍書を多数所蔵しているが、図書室が世間に知られず、県の新図書購入費もない。そのため久田督館長は各県の図書出版会社、書店に図書寄贈を依頼する。各地より多くの図書が集まり、新旧書合わせて豊富になった。
 
土井 助三郎11代校長に就任 明治32年9月〜36年1月 在職  慶応3年〜不明(1867〜不明)
 明治20年、帝国大学工科大学応用化学科を卒業する。東京職工学校・山口高等中学校を経て明治32年に11代校長に就任した。
 県工百年史に「土井助三郎校長は人格極めて円満で、いつも笑顔を含み温かみと親しみが深く職員・学生は心から敬服していた。また、学校と民間工業の接触につとめ、工業発展に尽くした功績は大きい」と記されている。
  民間工業の接触と記されているが、これは民間からの技術支援要請に応えていたことで、学校が利益を上げているのではと噂されるほどの熱心な対応と解釈したい。本校を退職した明治36年よりイギリス、ドイツ、アメリカ合衆国へ留学する。帰国後、名古屋高等工業学校(現名古屋工業大学)の初代校長として創立、整備に尽力した。
 
5.校舎移転完了、「石川県立工業学校」と改称
 明治34年5月2日、石川県工業学校を石川県立工業学校と改称。同時に石川県農学校も石川県立農学校と改称される。
 同年6月24日、中本多町に新築中の校舎が大半完成し、部分的に移転を開始する。12月11日、勧業博物館の図案部が本校に移(移管)される。
 
5−1制服、校章、校旗の制定 
 明治34年校舎移転後に制服、校章、校旗が順次制定されていった。
制服は校舎を本多町に移し、石川県立工業学校と改称した明治34年頃に変わったとある。筒袖はかまにほう歯のあしだから、制服・制帽・靴ばきに変わる。夏服はしもふり・小倉地、冬は黒の小倉地、またはラシャ地であったらしい。大正期末まで続いていると思われる。
 
校章は明治35年に山田敬中、加藤一郎両教諭の合作・考案になるもので、雪を図案科したもので「雪花」とも「雪章」ともいわれた。ここに今も用いる雪章が誕生した。
校旗は明治38年に作られた。かなり大きなものだったようで、後に、小振りの代旗を作るが火災で焼失している。
 
新築落成式について
 明治35年10月30日、明治32年から3カ年継続事業で行われた校舎移転が完了し、新築落成式を挙行する。
写真−3 製品陳列場 写真−4 明治35年頃の校舎
              
 
明治37年4月30日(政教) 「ルイジアナ購買記念万国博覧会」
 12月1日までアメリカのセントルイスで開催のルイジアナ購買記念万国博覧会で最高金牌を鶴田和三郎、金牌を石川県立工業学校、山田長三郎(宗美)、相川豊男、河井一政、らが受賞する。
 
久田 督12代校長に再就任 明治36年(1月か2月)〜36年4月 在職
 二度目の校長就任。「明治36年1月15日一中校長心得となる」があり、これは兼務か。

志竹 岩一郎13代校長に就任
 明治36年4月〜大正5年4月 在職
 東京帝国大学工科大学理化学科卒業。引き続き理化学教室で研究を続け、その後、山口県化学工場技師長となる。時代の尖端(先端)をきる産業であったが時期尚早のため世に入れられず職を辞す。京都工芸学校で教鞭を執ることとなる。明治36年、本校13代校長に就任。英語も担当するが、その英語は日本人ばなれしていて訓辞の口調が英語がかっていた。大正5年の退職まで校舎の整備や設備充実を図るなど、長きにわたり校長の職務を果たす。いつも毛皮のチョッキを着用し、おしだしの立派な貫禄のある人であった。晩年は東京実業界で活躍した。
 
5−2創立25周年を迎える 明治44年10月30日、記念祝賀式 
 10月30日、記念祝賀式を挙行する。その全容をまとめて、同年12月23日に校友会より第16号「創立25年記念」が発行される。昭和62年10月15日、創立100周年記念事業で復刻された。

5−3校歌の制定
 
 校歌は時代の流れと共に歌詞が代わっていくので、今日歌われている校歌に至るまでをここで一括してまとめたい。
初代校歌
 明治44(1911)年5月、創立25周年を記念して校歌を制定することとなる。青木外吉・吉田秀男教諭が委員となり、作詞を師範学校教諭坂井 敬氏に作曲は同校教諭大西安世氏に依頼し、ここに校歌が制定された。
 一、正面に仰ぐ金城の 松ふく風を身にしめて
            ここ工業の粋を抜く 大和男の子の意気高し
 二、機職 色染 窯業科 漆工 図案絵画と分け登る
            麓の道は多かれど 高嶺の月はひとつなり
 三、嗚呼勤勉と誠実は げにや我等の教へ草
            教えのままに励みなば 重きつとめも何ふらむ
 四、みよや南の空たかく 雲に秀づる白山の
            雄々しき様ぞ業終へて 世に立たむ日の姿なる
第一次校歌改訂 
 大正13年に木工専修科を設けたことで6科となった。これまで4科を歌った歌詞であったが第二章節をつぎのように改めた。
 二、機職 色染 窯業科 漆工 図案と木工科
            麓の道は多かれど 高嶺の月はひとつなり
 
第二次校歌改訂 
 昭和11年に創立50周年を迎え、その2年後に太田誠二校長の熱意によって応用化学かが新設され7科となったので、昭和13年に校歌を改める。作曲を石川県女子師範学校の今井松雄氏に依頼した。三章節と四章節は現在も歌われている歌詞と同じであるが、一章節の歌詞に「日本男児の意気高し」とある。
 一、正面に仰ぐ金城の 松ふく風を身にしめて
            日本男児の意気高し・日本男児の意気高し
 
第三次校歌改訂
 正確な年月日は今のところ不明であるが、昭和23年に金沢工芸高等学校に校名が改称されたさいに「ここ工業の粋をぬく」を「ここ工芸の粋を抜く」に改められたと思われる。(翌年には県立工芸高等学校と改称されるが、何れも工芸学校なので名言はできない)

第四次校歌改訂
 昭和32年、70周年を迎えるにあたり男女共学に相応しくない語句があるとして、校歌一番の歌詞「日本男児の意気高し」が改められ「若き我等の意気高し」となる。川口教諭が作製した原案に西村教諭の意見を加えたものであった。次いで原作曲者今井松雄氏(この時、金沢大学教育学部助教授)に編曲を依頼した。
 
第五次校歌改訂
 昭和33年、校名を石川県立工業高等学校に改称したさいに「ここ工芸の粋を抜く」を「ここ工業の粋をぬく」に改めた。これが今も歌われている校歌である。

◎大正期
吉田 佐次郎14代校長に就任 大正5年7月〜8年4月 在職

 大正に入ると前田家の理事なども勤めた青木外吉(窯業科卒)が卒業生初の校長(15代)に着任する。青木は美術史、工芸史、美学、デザインの強化を図るため後輩の高橋鐵雄(飛鳥鉄雄と号す)に図案科教諭として着任を要請する。高橋は要請に応え、学校職務の他に金城画壇発足に参画するとともに金沢洋画研究所設立し、後進の指導に力を入れ石川県の洋画壇の発展に大きな影響を与えた。

大正期のあせり

 明治末期、本校輩出の優秀な人材が産業界、工芸界で活躍していた。本校卒業生は東京美術学校に進むのが当たり前のような状況で、美術学校とは太いパイプで結ばれているという表現がされるところであった。しかし、優秀な教師たちが教鞭を執っているなかで、設備の更新に手が回らず悩むところであった。成長目まぐるしい産業界の躍進と本校の実習内容に格差が生じ始め、大正に入ると本校卒業生が「高級技術者」として扱われなくなる。産業界のニーズに応えてきた本校の役割は絶大なものであったが、ここにきて設備の遅れが「あせり」を招くこととなった。このような状況下で、明治28年に窯業科を卒業し、同36年から母校勤務していた青木外吉が15代校長に就任した。卒業生から初めて校長が誕生したのである。兼六園校舎から本多町に移転し、本校が黄金期を築きあげてきた全てを知る青木が「あせり」の巻き返しにかかるのである。
 名声を取り戻そうと県に改革整備を求め要望書を提出する。一つに実験実習室の設備充実を掲げたが、市内の長土塀に設立された工業試験場に、機械、色染、分析、窯業、塗工、図案が設けられ、本校がもう一つ出来たような状態になる。設備更新は何処まで認められたかは不明であるが、要望を満たすものでなかったようである。職業訓練に重点をおく徒弟学校の併設も同時に要望書に加えられていた。しかし、この要望も聞き入れられなかった。戸惑う本校に対して夜間教育に貢献していた補習学校を廃止することを言い渡される有様であった。明治41年に併設された補習学校は大正11年3月に廃校となった。
 大正9年、優秀な人材が揃っていたので青木は学科改編で巻き返しを図ることにした。人造絹などを作り始めた繊維界に対応し、染織科を色染と機織の両科に分離独立して充実を図ったのである。機織科は昭和18年に紡織科となるが、色染科は科名を変えることなく昭和33年まで石川の繊維業界を支える人材を送り出した。青木の着目点は繊維関係の躍進だけではなかった。デザイン教育に重点を置いた本校の教育内容と、経済成長と共に西洋風の建築物が増えてきていることに対して考えるところがあった。
青木校長は大正10年(1921)学則を改め、尋常小学校卒業を入学資格とし、修業年限4年を改めて5年とした。その年、専修年限を2年とした木工専修科を新設し、洋風建築における内装、家具のデザインと、その家具製作に新たな活路を切り開こうとした。木工専修科の新設が実り、大正13年には木工科と改められ昭和33年まで続いた。
 
青木 外吉15代校長に就任 大正8年4月〜昭和2年10月 在職
 明治10年5月、小松市大川町銅器業志摩孫助の四男に生まれ、後のに青木家を継ぐ。明治28年、本校の窯業科を卒業。明治34年、東京美術学校の彫刻科を卒業する。明治36年8月、石川県立工業学校 窯業科主任教諭として奉職する。青木は納富介次郎の職務代行(心得)を勤めるほどの教育思想と木彫に長けていた村上九郎作(鉄堂)に師事している。 

 

写真−5 青木を手伝う生徒達 写真−6 漁夫 写真−7 聖徳太子の図

 明治36年、文部省開催の第2回美術展に6尺豊かな男の裸体像を出品した。これは当時としては珍しい新作品であり、石川県より文展に入選する最初の作品であった。 本校所蔵作品にテラコッタ着色「漁夫」がある。底部が32×21p、丈は28pとやや小振りで、素焼きされた陶像に着色がなされ、手つきやしぐさに海に生きてきた老漁夫の年輪を感じさせてくれる。多くの胸像、銅像の制作に携われているが、殆どの作品が戦中の軍事拠出で失われているので「漁夫」は貴重な作品といえる。
 大正8年4月、卒業生として初めて校長となった。昭和2年10月、一身上の都合で退任するまでの25年間、母校を愛し教育発展に一生を捧げた。辞任後は県工業試験場場長・県商品陳列所所長を歴任し、昭和12年から前田家の理事なども勤め、多くの方に慕われながら昭和33年12月、81歳で逝去。
  写真−5、青木を手伝う生徒達は青木外吉ご子息より提供、複写を許可される。
  写真−6、青木外吉15代校長作「漁夫」は約800℃で焼成した後に、着色されている。
  写真−7、山脇雄吉16代校長の筆になる「聖徳太子の図」軸

金城画壇発足  (大正13年1月に発足し、昭和18年まで続く)
 大正に入ると前田家の理事なども勤めた青木外吉(窯業科卒)が卒業生初の校長(15代)に着任する。青木は美術史、工芸史、美学、デザインの強化を図るため後輩の高橋鐵雄(飛鳥鉄雄と号す)に図案科教諭として着任を要請する。高橋は要請に応え、学校職務の他に金城画壇発足に参画するとともに金沢洋画研究所設立し、後進の指導に力を入れ石川県の洋画壇の発展に大きな影響を与えた。

6.昭和に入る(安定期と苦悩期)
 石川県の工芸作家の育成に務めた青木外吉15代校長時代から山脇雄吉校長16代校長時代が本校の安定期とわれている。青木、山脇とも美術学校の出身で緩やかに転機をもたらしたと言える。次いで太田誠二17代校長が就任する。太田校長も美術学校の出身であった。創立50周年記念事業を無事終えたが、教科課程の改訂にともなう難題を抱える。同じく美術学校出身の田邊孝次が18代校長に就任し、軍国主義のなかにあっても工芸を保存、存続に尽力した。4名とも美術学校出身、しかも青木、田邊は本校卒業生である。
 
山脇 雄吉16代校長に就任 昭和2年10月〜10年7月 在職
 明治8年、鳥取県に生まれる。号をこう雲、荷声、雄輝と称す。東京美術学校日本画科を卒業後の明治29年〜明治33年まで図案絵画科教諭を務め、上京して橋本雅邦につき絵画を研究する。再び本校に奉職。大正8年〜昭和2年まで図案絵画科教諭を務め、まで16代校長を務める。在任中の大正9年、絵画研究会六耀会発足に貢献する。(玉井敬泉に同じく)昭和20年、70歳で逝去。写真−5、聖徳太子の図と他に菩薩の図を所蔵する。
 
太田 誠二校長17代校長に就任 昭和10年 〜14年
 昭和59年に工芸科が設置されるが、それに先んずること昭和13年5月に「石川県立工業学校改築趣意書(案)」として「工芸部」の設立陳情を行っている。
 年代は確定できていないが、渡欧し見聞を広めている。帰国のさいに美術参考資料として何点か持ち帰っている。その中にロートレックのポスターが含まれていたと思われる。陶磁器も含まれていて、作品の箱書きにヨーロッパから持ち帰ると記載されている。
 
6−1創立50周年 昭和11年(1936)
 教育方針を「智徳併進主義を探り質実剛健にして工夫創作に富む進取的工業青年を育成するに在り」としてきたが、ここにめでたく50周年を迎える。太田誠二17代校長は校友會誌「創立五十周年記念特集号」の巻頭の辞で「十年を一昔と云ひ、五十年を一生と云ふ。(中略)温故知新は将来への飛躍に當つて最も必要なことであると思ふ。」と記し、特集号のなかに初代校長納富介次郎について詳細に取り上げた。執り行われた50周年記念事業は次のようなものであった。
記念式 昭和11年(1936)10月30日、午後1時より記念式を本校講堂で挙行する。前日は雨であったが天候にめぐまれる。
同窓祝宴会 30日、午後5時より鍔甚樓に於いて開催。幹事は松川久衛。130名出席する。
記念講演会 31日、午後7時より教育会館講堂において記念講演会を開く。東京美術学校教授田邊孝次(明治41年窯業科卒)氏による「現代工芸の趨勢(すうせい)に就いて」(文展に於ける石川県の工芸)と桐生高等工業学校教授理学博士 豊田今吉(明治32年染織科卒)氏による「絹糸に就いて」であった。
記念展覧会 10月31日より11月1日迄、記念展覧会を本校を会場として開催。
同窓会美術展覧会 11月1日より5日間にわたり、同窓会美術展覧会を丸越百貨店ホールにおいて開催。157点の出展があった。
記念運動会 11月5日、記念運動会を本校、校庭にて行う。
 以上の行事を盛大に繰り広げる。この時期に教科改訂に伴う科の改編が検討されていた。
 
6−2張間喜一在職中の科の改称
 昭和12(1937)年4月、漆工科を塗工科に、図案絵画科を図案科に改称する。科の名称の改訂はいうまでもなく、教科課程の改訂をともなっていたので、塗工科ではこれまでの漆芸に代わって洋塗(カシュウなどの洋塗装)を大幅にとり入れた。図案科では洋画を基礎美術としての面にとどめようとするものであった。科の改称に関して諮問委員会が招集された。このころ諮問員は、工業諮問員と改められていた。この席上で改称の可否をめぐって論議がたたかわされたが、結局二、三の諮問員の強力な発言によって改称に賛成することになったと伝えられている。これによって塗工科志願者は増加したという。窯業科でもこの時に製陶・陶画の別を廃止した。昭和3(1928)年から10年にわたって母校で教鞭を執った張間喜一は、満州事変から日中戦争への激動期に在職し、この改称時期に直面した一人である。
 
張間 喜一 (大正10年漆工科描金部卒業・昭和3年〜13年在職)
 明治35年、輪島市に生まれる。本校卒業後、東京美術学校漆工科に進み、昭和15年、卒業後、六角紫水研究所、石川県商工技手を経て本校に赴任する。昭和12年、新文展n入選。同17年には文展特選、翌年には無鑑査となる。昭和21年、静岡県立工業試験場長、同30年、輪島市漆器研究所顧問、会津若松市漆器協同組合顧問、同44年、輪島市漆器研究所所長などを歴任。漆工芸の技術指導と後継者育成に力を尽くした。短歌にもすぐれ、斎藤茂吉・土屋文明に師事する。 静岡を去る喜一に師である土屋文明より「能登の国 輪島はわれもなつかしよ 神馬藻食ひて静かにいませ」と惜別の歌を贈られている。昭和56年12月、79歳で逝去。
写真−8 「薊の図飾筥」 写真−9 「盛器」
              
写真−8、張間喜一作 飾箱「薊の図飾筥」は昭和21年3月31日に購入された作品である。
写真−9、太田誠二17代校長作 「盛器」
 
7.戦前戦中の人事
 創立50周年を終え、太田17代校長は昭和13年に「既設学科の全てが化学を共通の基礎科学とする」として応用化学科を新設し、やがては6科を科学的学科にのばしていこうと考える。理科教室での授業でまかなうが、その充実を図ろうと学校改築趣意書を提出する。そのなかに工芸部の設立が含まれていた。引きたいとする太田校長は
 
7−1誰を校長に(誰が校長になってくれるのか)
 田邊孝次校長の手記を挙げながら、金沢赴任当時の情況や校長として奮った手腕、足跡にふれてみたい。手記については□に括り、新聞掲載記事を用いて手記との関連性を深めてみた。
昭和13年1月 手記より    ○ 工業学校長、太田誠二氏来訪す
 工業学校の校運不振、わずかに応用化学科を新設して、時勢に合わせようとしているだけでは、太田氏はそろそろ退任したい、後任を推薦してほしいと依頼される。できれば東京在住の人で力のある人がほしいという。東京美術学校工芸科の津田信夫教授に人選を依頼。津田教授は奔走したが適任者がいない。
 太田校長、再三来訪されて、それならば田邊自身が引き受けてくれないか、という。最後は、正木直彦前美校校長(このとき帝国美術院院長)の決断で、私が引き受けることになった。この件で東京美術学校の教官は賛成、反対の二派に分かれた。
 田邊孝次が県工の校長に決まり、美術学校は学園の損失と言いながらも県工が立ち直り優秀な生徒を送り込んでくれることを期待した。しかし、この田邊就任は一部に不安を募らせた。 昭和13年11月15日の「日刊美術通信」(東京市京橋区銀座)に「田辺孝次、県工へ転任のうわさ、校長として学校改革を断行、教員人事につき、金沢出身の芸術家は警戒」があった。
 
7−2田邊孝次18代校長に就任 昭和14年3月2日〜同17年8月27日 在職
 昭和14年3月2日、田邊孝次が石川県立工業学校18代校長に就任する。就任時の手記に改革の要点と改革後の個人的な目標が記載されている。
昭和14年3月2日付けの手記   ○ 工業学校改善の要点
 1.校舎の拡張 2.教職員の新旧交替 3.校風の発揚 4.教授法の改良 以上の4点について反対派、賛成派と連日話し合い、初心を貫いた。さらに給食の実施は(戦時における物資統制が強まる中で、実習に必要な燃料、原料、機材の調達とともに、給食用の食糧の入手に関し困難が多くなる。監督官庁との折衝に奔走する。)誤解を招いたが、断固実現した。せいぜい2年間ぐらいで、方向づけができれば、後はなるべく早く退任して、勉強にもどり、本を書きたいと思っていた。だから仕事は急ぎに急いだ。
 次いで、知名度を上げようとして奔走する姿が見える。
また、東京から学者、芸術家に来校を乞い講演も催した。正木直彦先生にも来ていただいた。なお、前外務大臣佐藤尚武氏、前田侯爵にも来校、講演、視察をしていただいた。(これらのための諸経費、とくに接待費など私財を投入することが多かったが、誤解も招く)多忙をきわめたが、東京美術学校講師としての特別講義はきちんとこなし、中央の各界との連絡を密にした。同窓会の会合も積極的に実施した。関西でも同窓会の会合を行った。また、秩父宮家から田邊あて、支那料理25人分の食器制作の下命をいただき、その制作を実施した。制作・安達陶仙(明治23年陶画科卒業)窯業科教諭。県工内に特別室を設置して実施。
 着任時の状況が掲載された記事を幾つか上げる。
昭和14年3月6日(北陸毎日新聞)「田辺校長着任。気長に育てるさ」 
昭和14年3月29日(北國新聞)「秩父宮、田辺校長へ御言葉石川県工芸へ深きご理解」
昭和14年6月11日(日刊美術通信)「田辺県工校長、県立工芸指導所長を兼任か?」これは正木直彦グループの暗躍か、そのねらいは県立工業学校を高等工芸学校へ格上げではないか、それにより「現在の県工教員は辞職させられるのではないか」と噂になる。等がある。
 
7−3田邊校長の在任中の足跡と略歴
 ここで田邊校長の足跡と略歴について、伊藤義直元教諭がまとめられたので紹介する。
@御真影奉安殿の完成。
A剣道道場を寄付で完成。(現在の特別棟が完成するまでは武道館として活用されていた)
 手記に「昭和17年、県工に剣道道場がないという批判にこたえて、八日市屋清太郎氏に寄付を仰ぎ完成させたが、県庁の考えと合わず非難を受ける。」とある。
B精密機械科を新設する。
 昭和14年5月30日(北陸毎日新聞)に「県工、奉安殿新築、精密機械科新設を計画とあり」と報じられ、ほぼ時を同じくし、昭和14年4月30日(読売新聞石川版)「田辺校長は音楽教育が必要とし県工にグランドピアノを寄贈する」があり、情操教育の必要性を当時の風潮に屈せず主張した。
C講堂を増築すると共につなぎ廊下を新設する。
 生徒の移動が天候に左右されずにスムーズになった。しかし、つなぎ廊下に関につて県は不服とする。(勝手に設置したとする県)
D自転車置き場を2カ所新設する。
E給食場を新設、学校給食を実施。
 手記に「他校より資力の弱い家庭の子が多い。体力測定では平均値を下回る。県の反対を押し切り学校給食を実施する。当然の如く平均値を上回ろうとするではないか」とあり、昭和15年1月15日付けで石川県重要物資配給協議会委員を引き受けている。これは給食や実習用物資を本校に安定供給させようとして、多忙でありながらもその役職に付き公平を図ろうとした。
F職員の半数を新旧交替。
G図書室を改善、新規購入図書の増大、田辺自身も美術図書寄贈
 昭和14年7月9日の北陸毎日新聞に「県工図書室改良、田辺校長図書寄贈500〜600冊」がある。
H校友会、同窓会の経営を改善、同窓会誌の発行実施
I校内規律(職員・生徒)を刷新し、上級学校への入学率の向上を図る。
 田邊校長は新たな取り組みに対しては報道機関に取り上げさせる。生徒にその記事を見せることで卒業生と在校生の自尊心を高めて、県下と市中の不評を一掃したのである。
 例としてあげた@を除き、今後のビジョン検討項目に掲げても違和感のない取り組みであったといえる。次いで略歴を紹介する。
          田邊 孝次18代校長略歴     (平成15年1月集約)
明治23年 4月21日
明治30年 4月 1日
明治33年 3月29日
  〃   4月 1日
明治37年 3月30日
石川県金沢市裏千日町47番地に生まれる。(石川県士族)
金沢市野町尋常小学校入学
同校卒業
金沢市長町高等小学校入学
同校卒業
明治37年 4月 1日
明治41年 3月29日
   〃   4月 8日
   〃   9月 1日
大正 2年 3月29日
   〃  4月 7日
大正 3年 3月30日
石川県立工業学校 窯業科製陶部入学
同校卒業
東京美術学校 予備科入学
同校 彫刻科塑造部本科1年に入学
同校卒業 在学中特待生に3回選定される。
同校研究科入学
同校研究科退学
大正 3年 4月 1日
大正 4年11月30日
   〃 12月 1日
大正 5年11月29日
   〃 12月 1日
大正 7年 8月29日
   〃 11月 8日
大正 8年 5月23日
   〃  8月30日
大正 9年 3月29日
大正10年5月4日〜
    大正13年3月31日
大正13年9月27日〜
昭和2年1月17日
画報社入社 「美術新報」編集員及び「美術週報」編集主任となる。
画報社退社
1年志願兵として歩兵第三連隊(東京 麻布)に入営
除隊、陸軍歩兵軍曹                 (歩兵第三連隊)
審美書院入社 「美術之日本」編集
陸軍歩兵曹長(6月1日〜8月29日、歩兵第三連隊入営)
東京美術学校助手                  (東京美術学校)
同校講師                      (東京美術学校)
同校助教授                         (文部省)
陸軍歩兵少尉                        (内閣)
東京女子高等師範学校講師兼務                (同校)

文部省よりヨーロッパ(フランスなど)留学            (文部大臣)
パリ、ソルボンヌ大学聴講生
昭和 2年 4月11日
昭和 2年10月23日
昭和 3年10月19日

昭和 7年 4月16日
昭和5月1日〜昭和11年

   〃  6月29日

昭和8年5月16日〜
    昭和9年5月12日
昭和 9年 1月15日
昭和12年 2月 1日
   〃   3月11日
   〃   4月16日
   〃   5月27日
           
東京美術学校 工芸史、東洋彫刻史、東洋美術史授業担当(東京美術学校)
東京高等工芸学校講師兼任                  (同校)
フランス政府より「オフィシエ・ド・ランストリクション・ピュブリック」
勲章授与される 佩用允許                 (賞勲局)
東京美術学校教授 兼 東京美術学校生徒主事          (内閣)
第11回朝鮮美術審査委員会委員、第15回まで委員を受託  (朝鮮総督府)

フランス政府より「オフィシエ・エトワール・ノワール」勲章授与される
佩用允許                          (賞勲局)
李王徳寿宮及び朝鮮総督府の美術品調査などの嘱託を兼任
                        (李王職、朝鮮総督府)
シカゴ万国博覧会 工芸部出品委員        (シカゴ万博出品協会)
パリ万国博覧会 日本館 嘱託              (パリ万博協会)
第7回世界教育会議 工芸教育部委員           (帝国教育会)
パリ第8回国際美術教育会議 日本代表     (日本国際美術教育聯盟)
文部省よりヨーロッパ各国の美術品調査のため欧州出張
(5〜10月)                      (文部大臣)
昭和13年 2月28日
昭和14年 2月14日 
   〃   3月 2日
   〃   〃  〃
   〃   3月20日
   〃   3月23日
   〃   3月31日
   〃   〃  〃 
   〃   〃  〃 
   〃   4月11日
   〃   4月15日
   〃   5月 3日
   〃   5月20日
   〃   6月16日
   〃   6月20日
東京女子美術工芸学校講師兼任                (同校)勲六等 瑞宝章をうける                   (賞勲局)公立実業学校長 高等官五等 待遇               (内閣)
石川県立工業学校長                    (文部省)帝国発明協会 石川県支部 理事                (石川県)
石川県工芸指導所 商議員                  (石川県)
石川県傷痍軍人工業教育所 講師               (石川県)
石川県傷痍軍人工業教育所 所長               (石川県)
石川県地方工業化委員会 委員                (石川県)
社会教育 講師                        (石川県)
石川県工芸奨励会 評議員                   (石川県)
石川県染織試験場 評議員                  (石川県)
東京美術学校 講師 (西洋工芸史 特講担当)     (東京美術学校)
金沢観光協会 評議員                 (金沢観光協会)
石川県輸出工芸振興会 評議員                (石川県)
昭和14年 7月28日
   〃   9月 8日
   〃   9月30日
   〃  11月 8日
   〃  11月16日
   〃  11月25日
   〃  12月 1日
   〃  12月15日
金沢商工厚生会 評議員                   (石川県)
第6回北信工芸展覧会 鑑査.審査員、並びに講師       (石川県)
石川県国民精神文化長期講習会 講師             (石川県)
石川県中等学校入学者選抜方法審議会 委員          (石川県)
石川県美術協会 幹事                (石川県美術協会)
石川県傷痍軍人雇傭委員会 委員               (石川県)
高等官4等 待遇となる                    (内閣)
正六位を拝命                       (宮内大臣)
昭和15年 1月15日
   〃   2月12日
   〃   2月23日
   〃   4月18日
   〃   4月25日
   〃   5月 1日
   〃   6月29日
石川県重要物資配給協議会 委員               (石川県)
石川県工芸奨励会 評議員             (石川県工芸奨励会)
石川県思想対策研究会 評議員                (石川県)
社会教育 講師                       (石川県)
石川県工芸指導所 評議員                  (石川県)
石川県工芸品輸出貿易組合 名誉顧問             (同組合)
石川県傷痍軍人義肢修理所長 兼務              (石川県)
昭和16年 1月28日
   〃   3月26日
   〃   3月28日
   〃   4月10日
   〃   4月17日
   〃   5月 2日
   〃   7月 5日
   〃   8月 6日
   〃   9月10日
   〃   9月16日
   〃   9月30日
青年学校視学委員  但し石川県担当            (文部省)
石川県青少年団専門委員                   (同団)
石川県工芸奨励会 理事                    (同会)
石川県協力会議 委員                  (大政翼賛会)
金沢商工会議所 諮問委員              (金沢商工会議所)
社会教育 講師                        (石川県)
石川県工芸指導所 指導員                  (石川県)
石川県職業紹介委員会 委員                 (厚生省)
大政翼賛会石川県支部 文化委員会 委員             (同部)
昭和16年9月施行 国民学校教員試験検定臨時委員      (石川県)
石川県国民精神文化長期講習会 講師             (石川県)
昭和17年 1月 7日
   〃   2月 7日
昭和17年 2月16日
   〃   2月21日
   〃   5月13日
   〃   8月 1日
石川県工芸文化協会 委員長                  (同会)
大政翼賛会石川県支部 参与                  (同会)
御下命品完納につき酒肴料一万疋、並びに御菓子一折下賜  (秩父宮家)
石川県傷痍軍人簡易作業所設立準備委員会幹事          (同所)
社会教育 講師                       (石川県)
福利厚生に関する業務を委託される(陸軍航空工廠)    (陸軍嘱託)
昭和17年 8月27日
   〃   8月27日
   〃   8月29日
   〃   8月31日
   〃   9月 1日
昭和18年 1月30日
昭和19年     
石川県立工業学校長 依願退職                 (内閣)
一級俸下賜                         (石川県)
県工講堂にて全校生徒.教職員による送別式
         
石川県美術協会 幹事 依願退任              
単身金沢を離れ、立川の陸軍航空工廠に赴任         
東京美術学校 講師退任                (東京美術学校)
紺綬褒章受章
限界、依願退職しかない
 手記より(依願退職への思いを抜粋)
○ 毎週のように県下の各地で講演を頼まれ、努力して相つとめたが、疲労する。このことは校長在任中、いつも同じだったので、次第に不快な思いがつのる。
○ 昭和17年3月、何かと誤解されやすい現在の生活に嫌気がさして、県の岡部学務課長に会い、校長就任後3年経ったからと辞表を表明する。しかし慰留されたので、さらに部長に会って辞めたいといい、重ねて学務課長に申し出て、辞表を提出する。(5ヶ月後、8月に受理される。)陸軍航空工廠へ陸軍嘱託として勤務発令後に赴く。
 昭和19年12月、陸軍航空工廠の業務困難、アメリカ空軍の空襲による、工場疎開の開始下、過労にて体調をくずし病床に伏す。
 昭和20年4月16日、金沢市中本多町4番丁2番地の自宅にて病没。病名肺エソ。葬儀に際し、秩父宮家より弔問の使者、来沢、弔慰金を賜る。陸軍より戦病死の認定あり、内閣より勲五等、宮内庁より正五位を受く。
 秩父宮へは昭和2年、『東洋美術と西洋美術の比較』を御進講申し上げ、以後、終生、美術顧問として伺候。秩父宮薨去ののち、長男 田辺 徹、秩父宮妃殿下へ毎年1月2日、新年の伺候に参内。田邊孝次、金沢を去り、昭和17年8月、松沼謹太郎が19代校長に就任する。
                (この項、7-3は伊藤義直元教諭の集約資料提供による)
 
松沼 謹太郎19代校長に就任 昭和17年8月〜昭和21年3月
 明治22年、茨城県猿島群に生まれる。大正14年、本校機織科主任として奉職。昭和17年8月に19代校長に就任する。温厚で抱擁力の大きな人柄で生きた愛情教育を行った。不運なことに2度の出火にみまわれ、責任を負って昭和21年3月辞任する。
 
7−4戦中戦後、二度の校舎焼失
 昭和18年3月9日午後11時頃、本館教務室付近から出火。本館・講堂・生徒控所・漆工科実習場の約500坪を焼失する。出火と同時に生徒・同窓生・付近民などが駆けつけ膝まで没する雪の中を消火作業にあたる。隣接する図案科・窯業科などの備品や展示作品などの搬出にあたったが学籍簿などの学校重要書類はほとんど焼失した。
 出火原因については、翌日から学年試験を開始することになっていたので放火説が浮上したが原因はつかめなかったと年史では扱っている。
 この出火の連絡を受けた18代校長であった田邊孝次の一声は「教職員は学校内で飲み食いをしてはいけないとあれほど指導してきたのに」であった。
 校舎が本多町に移ってから(明治34年)製品陳列場を充実させることとなる。最新の設備、職員の研究意欲は生徒のみならず業者に対しても対応するほどであったというが残念なことにこの出火によって製品陳列場はもより作品の殆どを失う。
 次に北国新聞掲載記事を幾つか挙げる。
昭和18年3月11日  「昨夜県立工業焼く」
 昨夜県立工業焼くと報じられる。松沼校長談として「誠に申し訳ない三分の一の焼失で済み、御真影が無事だったのは不幸中の幸い、生徒の学力低下をきたさぬよう現設備で全能力をあげたい」とした。
 謝近火見舞いが多く寄せられたことも忘れてはならない。十数件の謝近火見舞いのなかに友田組、金城高等女学校、箔商今井小三郎がある。
 また、12日の紙面で工業校の火事を胸深く刻み「春は火を呼ぶ」ので注意するようにと呼び掛けられている。
昭和18年3月14日(日) 「県工出火原因取調べ」
 過般の石川県立工業学校出火事件について広坂署で新調に原因取調べを行っているが悪質のものでないことは断定されその結果漏電か失火によるものと見られ近日中にその何れかが判明する。
昭和18年3月14日(日) 「復興へ募金を捧ぐ 県工同窓会員ら」
 石川県立業学校同窓会は3月11日の午後5時から金沢織物組合で役員会を開催、同校出火事件につて(審議し)同窓会代表尾山(督二)氏らが基金を募る(ことはもとより)、復興陳情を行う。(校舎が焼失し同窓会が対策)
昭和18年3月18日(水) 「県工の火事は漏電」
 石川県立工業学校の出火原因についてはかねてより広坂署で取り調べをすすめていたが漏電と確定した。
 二度目の火災は終戦後の21年1月3日の夕刻、工業化学科準備室付近からの出火であった。工業化学科実験室など420坪を焼失する。正月中のことであり原因は不明。先の失火と合わせて920坪を焼失した責任を負って松沼校長は辞任し、後任に県から宮崎正雄体育官が校長事務取扱として着く。
 
廣辻 圭三 昭和15年〜38年在職
 明治36年福井県に生まれる。福井県立工業より京都高等工芸学校色染科を卒業。新潟県立三条商工学校・栃尾農商学校を経て昭和15年本校に着任。色染科科長として生徒の育成に努力した。田邊孝次18代校長によって附設された石川県傷痍軍人工業教育所の講師・舎監としても活躍した。
 
卒業生 金 永八(キムヨンパル) (韓国釜山市海雲台区在住)
 金 永八氏は本校の色染科に在籍(在籍中は金山 永八(かなやまえいはち))する。戦乱の真っ只中、昭和20年3月15日、出征を志願していた金永八氏卒業式を目前にしながら北海道に出征する。3月28日、金氏不在のまま卒業式は挙行され、8月には終戦となる。金沢に立ち寄ることが出来ないまま帰国の途につき、卒業証書を手にすることが出来なかった。
 日韓における複雑な国交情勢にあっても氏は母校のことは片時も忘れることはなかった。「母校は今どうなっているのか」氏は何度も母校宛に手紙を出してみるが返事は帰ってこない。昭和55年、氏の願いに答えたのが韓国KBSラジオ放送であった。最後の頼みの綱、自分の肉声で「私は元気です。母校の石川県工は今どうなっていますか。これを聞かれた方、お願いです連絡を取りたいのです」と呼びかけた。この放送を名古屋在住の本校OB(大口隆 昭和37年デザイン科卒)がキャッチした事で、長きに及ぶ氏の胸の痛みが瞬く間に解かれていった。 何とか連絡が取り合える社会情勢に変わりゆく中で、氏は日韓スポーツ交流の架け橋役を申し出られる。その並々ならぬ母校愛が昭和62年、創立百周年記念事業の一つ「日韓スポーツ交流」として実を結び、日韓交互に15回開催され、今では年間行事の一つとして定着している。(平成15年現在)交流試合はもとよりホームステイ先での心温まるもてなしなどを通し親睦を深めることで、日韓双方の生徒、学校関係者共々に「感謝と親しみ」の気持ちを顕わにする。2年前の学校祭で金氏の講演会が開かれたが、その中で「母校を忘れることは親の名を忘れことである」と話されたことが印象的であった。日韓スポーツ交流に生徒会・男子バレーボール・バドミントン・卓球・柔道・ハンドボール部等が参加している。15年間に及ぶ日韓スポーツ交流の架け橋役に徹された氏の功績に感謝を込め、平成15年、県工同窓会総会の席上で晴れて卒業証書授与式が執り行われ、58年目にして卒業証書を手にされた。氏は先に紹介した廣辻 圭三先生を尊敬されていた。
 
8.終戦と工業教育の復興
 昭和18年に焼失された校舎は戦時中とあって復興どころか片付けられることさえなかった。
続いて21年の失火で面積では全体の3分の1を失うが、中枢である本館・講堂を失うことで学籍簿や重要美術参考品までも失い、卒業生に声すら掛けられないような状態であった。廃墟と化した学校と戦後の混乱の中で生徒達の向上心も薄れ、過去の名声を如何にして取り戻すか課題、難題も山積みされていた。
 復興に向けて校長人選がなされ、昭和21年6月、羽野禎三が県教育課の懇請によって校長に就任する。県工百年史の第五章「産業の復興と本校の再建」で90ページにわたり記載されているところである。
 
8−1羽野 禎三20代校長に就任 昭和21年6月〜34年3月在職 (大正10年図案絵画科卒)
 復興に向けて校長人選がなされる。先の田邊校長人選と同じく、東京美術学校(東京芸大)に声がかかる。本校より美術学校に進学する生徒が多く、その生徒の学力低下は深刻な問題であり美術学校が対応するもやむなしというところだが、美術学校に復帰することなく命を落とされた田邊校長のこともありスムーズに事は進まなかったようである。
 当時の北国毎日新聞は次のように報じている。
「校長空席40日、畑ちがいの県宮崎正雄体育官が事務取扱いとなっている石川県立工業学校の後任校長は、同校の特殊事情にかんがみ県では慎重な人選を期し、同校出身の現東京美術学校図案科助教授羽野禎三氏を推薦、近日発令されることになった。同校同窓会では美術工芸王国石川の揺籃という重要性から、その人選には同窓会の総意として2名候補者を推薦したが、羽野氏は候補者以外なので着任のあかつきには問題化するものとみられる」とあり、「校長空席40日」の間に羽野禎三は随分と悩み東京美術学校を後にした。         
 
8−2校舎の復旧工事に着手
 校長就任と同時に進めてきた校舎の復旧工事は昭和23年の夏をもって完了する。翌年10月15日、開校記念式と新築落成式を挙行する。これより10月15日を創立記念日と定め、今日に至っている。
          
8−3校訓制定 
 学力低下はこの時期の代表的な現象で再建上の難題であった。瓦礫の山に頭を抱え、殺伐とした生徒達の様に触れ胸を痛めた羽野校長は次の三項目の校訓を示した。
 
一、敬愛協和を尚ぼう     敬って親しみの気持ちを持ち、心を合わせて仲良くすること
一、創意工夫を凝そう     自分で新しいもの、良い方法をあれこれと考え出して行こう
一、矜持責任を有とう     自分の能力を信じ、誇りを持って引き受けた任を果たそう
 
 これは動揺している本校教育のよりどころをつくろうという意味のものであった。よって戦時中の校訓のような強い拘束力をもつものではなく、生徒の日常心得の一つとして示されたものであった。石橋犀水氏の筆になる額装された校訓は応接室に掲げられた。
 高度成長の中、この校訓はギャラリーに保管されたままであったが、近年、学校要覧などに掲載されるようになる。平成15年に就任した福島良治現校長は羽野禎三制定になるこの校訓を再表装し、校長室に展示するとともにロビーでも校訓を表示し、生徒手帳にも明記することにした。
 
8−4工芸大家を講師として招聘
 わが国一流の工芸大家を講師として招聘し陶芸、漆芸、染色分野をはじめ、それらに共通する図案、意匠、制作に至るレベル向上を図った。現在もデザイン科・工芸科において第一線で活躍される先生方を講師にお迎えし、ご尽力賜っている。
 
玉井 敬泉(本名 猪作)明治22年〜昭和35年(71歳) 昭和22年〜35年 在職
 明治22年、金沢市に生まれる。明治40年、本校、図案絵画科を卒業する。農商務省東京工業試験場吏員となる。昭和22年〜昭和35年、図案絵画科非常勤講師を勤める。大正3年、第8回文展初入選。大正8年、京都日本画無名展首席天賞受賞。その年に帰郷し六耀会の発足に参加。石川県工芸奨励会評議員・金城画壇会員を歴任。昭和35年、71歳で没す。
 創立70周年記念寄贈作品(昭和32年)「渓間の雨」を所蔵する。落款の右に「昭和丁亥五月」と十乾十二支で記されている。よって昭和22年5月の作品となる。
中村 翠恒(本名 恒)明治36年〜昭和60年(82歳) 昭和23年〜35年 在職   
 明治36年、初代中村秋塘の2男として加賀市に生まれる。大正14年、石川県立工業学校窯業科を卒業する。後に、京都国立陶磁研究所に進み河村蜻山に学ぶ。昭和23年〜昭和35年まで窯業科非常勤講師を務める。三代秋塘と襲名、後に、甥に譲り、以後翆恒を名乗る。
 昭和3年、第9回帝展に初入選。昭和28年、日展で特選等数多くの受賞歴を持つ。石川県指定無形文化財九谷焼技術保存会初代会長・日展参与などを歴任し、昭和60年、82歳で逝去。
前 大峰(本名 得二)明治23年〜昭和52年(86歳) 昭和26年〜35年 在職
 明治2年輪島市野町に生まれる。沈金師 橋本雪舟に師事し、かたわら牧一友に絵画、図案を学ぶ。昭和26年〜35年、漆芸科非常勤講師を務める。沈金の「点描彫り」による立体的表現と「片切彫り」による筆意表現の一刀彫りの研究に成功する。低調だった沈金の向上に励み、芸術価値の高いものに引き上げた。昭和30年、重要無形文化財「沈金」保持者となる。
昭和52年6月、86歳で逝去。
 平成11年に前大峰を父とする前 史雄(昭和34年窯業科卒)氏が重要無形文化財「沈金」保持者となる。2代続けて「沈金」部門の認定となった。
 
木村 雨山(本名 文二)明治24〜昭和52年(86歳) 昭和23年〜35年 在職
 明治24年、金沢市に生まれる。加賀染の名工上村雲峰に師事し、南画家大西金陽に絵を学ぶ。
昭和23年〜35年まで色染科の非常勤講師を務める。身の回りを飾らない静かな口調でありながら、生徒達から絶大な信頼を集めた。帝展、日展、日本伝統工芸で活躍。昭和30年、重要無形文化財「友禅」保持者となる。昭和52年、86歳で逝去。
 
8−5「1年延ばして創立60周年」 昭和22年10月30日
 創立60周年記念式典は昭和21年に挙行されるべきものであったが、校舎がそのような状態であったため、1年繰り上げて昭和22年10月30日に記念式を挙行する。その後、110周年記念式典を執り行うまで、一年のズレを持ったまま挙行されてきた。来る120周年にそれを修正することになっている。
        
9.「石川県立金沢工芸高等学校」と改称  昭和23年4月
 学制改革で高等学校に昇格し、昭和23年4月、石川県立金沢工芸高等学校と改称する。同年中学校を併設する。地域史の研究で昭和54年、主論文「北陸古代史の研究」で文学博士になった浅香年木は、この併設中学校から図案化課程に進み昭和27年に卒業する。
 
10.「石川県立工芸高等学校」と改称  昭和24年4月
 昭和24年4月、昨年の改称に続き、慌ただしく石川県立工芸高等学校と改称する。校訓の制定を教育のよりどころとし、次に「納富精神」の復活を目指した。来る「創立70周年」に向けて準備を進めていくが、焼失したものが余りにも多く、歴史を語ろうにも事欠く有様であった。後に発刊される「70年史」は復興に向けて羽野校長が心血を注いだ集大成である。
 
10−1納富初代校長胸像再建と青木外吉寿像除幕式
 納富初代校長の胸像は大正11(1922)年6月14日に設置されていたが、戦時中に供出され台座だけとなっていた。吉田三郎の原型をもとに再建することとなる。昭和27年5月10日の佳日をえらんで除幕式を挙げる。卒業生で初めて校長に就任した青木外吉胸像を新設することとなり原型を吉田三郎が、撰文は玉井敬泉の手になった。同日、青木外吉寿像除幕式も執り行われた。
昭和18年3月7日(日)(北国新聞)志士も上人も「県下に銅像供出の機運」とある。
 寺院の梵鐘までが供出されるなか、本県の銅像を調査してみると70基が数えられている。その中に納富介次郎(石川工業)や前田斉泰公(兼六園内)が含まれ、いずれも供出される。日本武尊(兼六園内)も候補にあがっていたが難を逃れる。 
写真−10 納富初代校長の胸像除幕式 写真−11 式辞を述べる羽野校長
 
写真−10 除幕式出席者、左より青木外吉15代校長、(調査中) 、羽野校長、(調査中) 、松田権六、納富胸像原型制作者吉田三郎である。
 
10−2「70周年」に向けて美術工芸作品の寄贈を募る (現在のギャラリー雪章に至るまで)
 校舎が本多町に移ってから(明治34年)製品陳列場を充実させ、職員、生徒の研究意欲を高めてきたが2度の出火で失った。その資料の再生、納富精神の復活を願い、新たな校訓のもとで取り組む羽野校長。その取組の一つに作品の寄贈の呼びかけがあった。呼びかけに答え多くの作品が寄せられた。
 昭和30年を前後して計画された「作品展示室や合宿設備を設けた同窓会館の設置」は思うように進まなかった。昭和38年の定時制創設と女子生徒の増加に伴い定時制の食堂設置と家庭調理実習室の設置が急務となるなかで昭和47年に委員会は1階が食堂、2階に調理実習室という計画を提示する。その計画に同窓会が以前から準備してきた同窓会館建設資金を加えて3階建ての案を示す。最終的にはこの案が受け入れられ3階を寄付採納することで昭和48年の秋に現在の特別棟が完成した。(当時は記念館と称す)この記念館の完成と共に田邊校長の願いで八日市屋氏より寄贈して頂いた武道館が現役を退くこととなる。ようやく28年目にして特別棟3階に所蔵作品が陳列されることとなり、昭和33年の設置課程改廃のなかで羽野校長在職中には果たせなかった「失った美術工芸品の充実」が実を結び、その70周年寄贈作品がギャラリーの品格を高めている。
 
写真−12 武道館 写真−13 寄贈者、八日市屋清太郎氏
                               
 その後、「100周年記念寄贈作品」が加わり、同窓会寄贈フロアーに展示ケースが増設され、所蔵作品数は300点を超えることとなった。それを期に所蔵作品図録集を発刊し、展示室は「ギャラリー雪章」と命名された。
 
10−3「創立70周年史発刊」消えた歴史の復活
 消えた歴史の復活ということは決して過言ではなく、また、これこそが歴史をまとめて伝える最後のチャンスであった。特に創立当時を語るかのように書かれた寄稿者の最年長者が90歳に近いからである。この記念誌編纂を含めた記念事業の展開に向けて奔走していった。
 本校に縁があり、各界で活躍された方を「県工70年史より」として、当時の状況をふまえて紹介されていることからして、その価値の高さは伺い知れる。
 次に上げる写真−10、11、14、15、17は、羽野20代校長、ご子息の提供により、複製を許可されたものである。写真−14、15、は昭和30頃の同窓会会場と思われる。
 
写真−14 板谷波山の作品を手にして 写真−15 同窓会会場で記念撮影
          
写真−14 板谷波山作「少年少女像」を手にして板谷波山を紹介する羽野校長。
写真−15 板谷波山を囲んでの同窓会。前列、左より2人目が吉田三郎、4人目が板谷波山、5人目が羽野校長、6人目が玉井敬泉、右端が松田権六である。  
 
10−4北国文化賞の受賞 昭和32年11月3日
 昭和32年11月3日、文化の日に本校は北国文化賞を受けた。10月28日、北国新聞社説に受賞理由が掲載される。「我々は、今年の受賞団体に「石川県立工芸高等学校」の名をみることができた。従来の受賞団体に比べて、やや異色のある団体である。同校はきたる11月6日に開校70周年迎えるという日本最古の「工業学校」である。この間、当地方の美術、工芸、産業界の発展におよぼした影響は実に大きく、人材は雲のごとく輩出して日本の美術工芸界に活躍し、産業界に貢献した。「工芸美術石川」という名を築き上げた素地は同校にあり、同校に教え、同校に学んだ多くの人々の“伝統”の力は高く評価されていいはずだ。我々は同校に、かつ現在学んでいる若き世代の未来にかけて「北国文化賞」を贈ることを、よろこびとする」とあり、本校の伝統が高く評価された。
 70年史は発刊準備がすでに整っていたので、この喜びの受賞は正誤表と同じく差し込まれて各方面に配布された。
  
10−5「創立70周年記念式」を挙行 昭和32(1957)年10月15日〜11月8日
 記念事業は10月15日の記念運動会に始まり旧職員及び同窓生物故者慰霊法要を東別院で行い、記念展覧会まで盛大に挙行された。
 記念式典は各方面から祝辞を頂き、今回改訂された校歌を斉唱して幕を閉じた。実習公開・作品展示即売は3日間にわたり開催され、展示された生徒作品は高く評価された。一部は即売され好評を得た。
 
表−2「70周年」記念行事一覧
     行事内容        日  時    場 所
記念運動会
記念式
物故者慰霊法要
記念音楽会
記念展覧会
実習公開・作品展示即売
 10月15日 午前9時より
 11月6日 午前10時より
 11月7日 午前10時より
 11月5日 午前9時より
 11月6〜8日午前9時〜午後4時半
 11月6〜8日午前9時〜午後4時半
本校校庭
本校
東別院
本校体育館
本校
各実習場
 
10−6羽野禎三苦渋の決断 (昭和33年の設置課程改廃に向けて)
 このように節目の大事業を遂行していくなかで、学科の新設、統合の検討が同時進行していった。しかも「高校整備七ヶ年計画」のなかで、伝統の「工芸」を守りとうして校舎改築を見送るか、工芸を捨てて校舎改築の優先順位を得るか二者択一を求められる。高校整備七ヶ年計画について「石川県の実業高校の代表格である県工を、まず時流にあった工業中心の内容にしたかった。あの改革がないくらいなら、それほど県工の校舎改築に熱を入れなかっただろう」と、当時の中谷久弥教育長が後に語った。まさにこの時期、羽野禎三苦渋の決断をせままれていた。
 
11.「石川県立工業高等学校」と改称 (昭和33年4月)
 賛否両論のなか、昭和33年4月、石川県立工業高等学校と改称する。明治20年、兼六園の園内で創立された金沢区工業学校から81年が経過した昭和33年4月、5回の改称を経て現在の校名である石川県立工業高等学校となる。
写真−16 羽野禎三作 螺鈿六角鉢 写真−17 金沢を去る羽野禎三20代校長
       
 
 羽野校長がポイントを切り替え、校舎改築のレールの上を改称された石川県立工業高等学校が進んでいく。羽野20代校長は帰京する。しかし、東京美術学校への返り咲きではなかった。

11−2野川 日出雄21代校長に就任
 昭和34年4月〜38年3月 在職
 昭和34年4月、野川日出雄21代校長が就任。同年5月、電気棟が竣工する。翌年に機械工場(機械科実習棟)が37年には工業化学棟が竣工し、工業高校としての色を濃く呈していく。これら実習棟、その他全校舎の改築は昭和44年のデザイン棟竣工まで10年余り続く。その間、昭和38年4月、定時制(4年)課程を新設し、機械科、電気科を置く。よって昭和36年に併設した石川県立機械工業専門学校の生徒募集を昭和42年3月をもって停止する。
 
11−3菊池  計一22代校長に就任  昭和38年4月1日〜40年3月31日
 昭和38年、定時制課程が新設される。
 
11−4金子 信一23代校長に就任  昭和40年4月1日〜42年3月31日
(平成2年1月30日逝去)

11−5藤井 澄文24代校長に就任  昭和42年4月1日〜48年3月31日(平成6年10月5日逝去)

11−6香村 忠25代校長に就任  昭和48年4月1日〜51年3月31日(平成4年3月23日逝去)

12 90周年を目前に記念館の完成(現特別棟)
 昭和38年の定時制創設と女子生徒の増加に伴い、定時制の食堂設置と家庭調理実習室の設置が急務となる。昭和47年に県教育委員会から、1階が食堂、2階が調理実習室という計画を提示されるが、狭い敷地内に同窓会館も同時に建てることには難色が示された。2階建ての食堂・家庭実習室棟に、同窓会が以前から準備してきた同窓会館建設資金をもとに3階を寄贈することにし、最終的に3階建ての案を示した。この案が受け入れられ、昭和48年の秋に現在の特別棟(当時は記念館と称す。)が完成した。この記念館建設のため八日市屋氏の寄付で建てられた武道館が現役を退くこととなる。戦後の失火の難を免れた作品が特別棟3階に陳列され、70周年寄贈作品が加わることでギャラリーの品格はさらに高まった。羽野校長在職中には果たせなかった「失った美術工芸品の充実」が現実のものとなった。製品陳列場を焼失してから記念館が完成するまでの30年近く、作品管理はデザイン科(図案科・産業意匠科)棟で行われ、作品展示などは武道館で行われていた。

12-1 安宅 彰亮26代校長に就任  昭和51年4月1日〜53年3月31日

12-2 栗田 与一27代校長に就任  昭和53年4月1日〜57年3月31日

12-3 南 幸雄28代校長に就任  昭和57年4月1日〜61年3月31日

12-4 「100周年」に向けて
 創立80・90周年と時は流れ、昭和62年に100周年を迎えることとなる。1世紀にわたる歴史の重みに相応しい記念事業への取り組みが始まる。
@同窓会館の建設 A百年史の発刊 B卒業生名簿発刊 C記念作品展(県立美術館)D姉妹校提携等が組み込まれたいった。石川県は伝統工芸王国と言われるようになり、その中に工芸科設置を何としても100周年までに実現したいという願いも含まれていた。

ビジョン委員会にみる工芸科創設前夜
  創立90周年前後の学校運営は昭和47年4月刊行の「教務内規集」によるものであったが、昭和53年8月30日、文部省告示第163号で新しい高等学校学習指導要領が公示され、教務内規の改定が検討されることとなる。この年、ビジョン委員会が設けられる。学校管理計画によると「ビジョン委員会において将来の本校のありかたについて検討するとともに、特色ある教育を行うための具体的方策・条件などについての研究をすすめる」ものとあり、各種委員会の冒頭に位置づけられ、本校のあるべき未来像を検討することとなった。その主管は総務課に置かれ、その年の11月から新教育課程の検討がなされた。
 この頃から徐々にPTA、同窓会、学校の三者が一体となり様々な要望実現に向けた動きが活発化してゆき、昭和55年になると創立100周年記念行事を遂行するための準備に向けて検討されはじめ、同57年になると機械科実習棟の建設と工芸科の新設などを含めて検討される。当時、高校入学生の増加は昭和64年がピークで、65年以降は減少傾向で能登地区は深刻な事態が予想されており、生徒数の増減が検討課題のなかに重みを加えていた。
 昭和58年9月に工芸科の基本構想と工芸科準備委員会の設置について検討された。7名の委員で検討を重ねてきたビジョンに委員会は、この頃になると委員数を2倍近くに増強していた。 

12.「工芸科設置」による工芸色の復活
 工芸科設置の動きは太田誠二校長17代校長が昭和13年5月に「石川県立工業学校改築趣意書(案)」として「工芸部」の設立陳情したことから始まり、昭和33年の設置課程改廃における羽野禎三苦渋の決断を経て行く。創立80周年を迎える昭和42年頃となるとPTA・同窓会・学校の三者が一体となり活発化してくる。
 高度経済成長や工業化社会の急速な進展がもたらした歪みの是正を、伝統産業である石川の工芸を教育の場に取り戻すことで図りたい。併せて昭和58年から中学校卒業生が増加するのをふまえて県教育委員会で対策が検討され始めた。職員会議でも論議され殆どの職員が工芸科設置賛成し、工芸科設置運動はより強まっていった。(大聖寺実業高等学校も同様に設置要求を出すが実現には至らなかった)昭和59年4月、工芸科が設置される。しかしながら実習棟は竣工中で工芸科1年生はデザイン科の設備を間借りするようにして実習、工業技術基礎の教科で作品制作を行っていた。翌60年4月、工芸実習棟が完成し、新2年生が窯業(陶芸)、染色、漆芸、進学(造形)の4コースに分かれ真新しい実習設備のなかで作品作りに取り組み始めた。同年6月、工芸棟に設置された3機の陶芸用焼成炉(電気炉2機、ガス炉1機)に火が入った。これらの窯は南幸雄28代校長(本校出身)によって「雪華窯」と命名された。

12-1 笹谷 和男29代校長に就任  昭和61年4月1日〜63年3月31日
 
「創立100周年」を迎える  昭和62年10月〜
 創立100周年を迎えるにあたり卒業生に作品の寄贈を募った。寄せられた作品を含め所蔵作品は400点を超えた。特別棟3階に展示ケースが4台増設され、展示内容は充実していった。この展示室は笹谷和男29代校長によって「ギャラリー雪章」と命名され、それを機に所蔵作品図録集を発刊した。
 同窓会館も完成し、雪章会館と命名された。百年史と卒業生名簿を発刊した。

12−1 関戸 信次30代校長に就任  昭和63年4月1日〜平成2年3月31日

12−2 金曽 賤男31代校長に就任  平成2年4月1日〜4年3月31日
     電気実習棟の改築
12−3 西川 拓32代校長に就任  平成4年4月1日〜7年3月31日

12−4 岸野 滋33代校長に就任  平成7年4月1日〜9年3月31

12−5 野口  嘉與34代校長に就任 平成9年4月1日〜11年3月31日(平成23年逝去)
 
創立110周年記念寄贈作品
 陶芸作品2点、絵画14点、彫刻3点が記念寄贈作品として寄せられた。平成10年3月27日、飛鳥哲雄の戦前の作品(旧作)、戦後の作品(新作)80点が遺族より寄贈され、金沢画壇における飛鳥哲雄の功績を知る資料が、母校に集積されることとなった。これは飛鳥哲雄と親交のあった故桑原辰男氏(昭13年図案科卒)の尽力によるもので、氏の作品も生前に寄贈していただいた。

12−6 斉藤真一郎35代校長に就任  平成11年4月1日〜12年3月31日

12−7 西 光太郎36代校長に就任  平成12年4月1日〜15年3月31日

12−8 福島 良治37代校長に就任  平成15年4月1日〜17年3月31日

12−9 宮前 憲彌38代校長に就任  平成17年4月1日〜19年3月31日

◎平成18年、創立120周年を迎える 
  戦後まもなくして迎える創立60周年は戦中戦後の失火による校舎の復旧が捗らず、1年遅れの昭和22年に式典を開催せざるおえなかった。しかし、その後の記念式典は60周年からカウントして開催され、10周年まで1年遅れのままであった。今回の120周年は正規の記念式典に修正することになり、永年勤続表彰の扱い方に戸惑うところがあった。
 
記念美術展
 10月3日から9日まで「120周年記念美術展」歴史と伝統、次代を創るアートメッセージが21世紀美術館市民ギャラリーAで開催された。
出品者数115名であった。第1会場の金沢21世紀美術館では、若手卒業生の作品を中心に、写真、デザイン関係の作品も含め、卒業生の幅広い活躍を見ていただき、第2会場のギャラリー雪章では、開校時からの流れを紹介した。

記念茶会
 記念茶会は10月8日(日)に抹茶席を金沢市中村記念美術館旧中村邸で、煎茶席は石川県国際交流サロンを会場として開催された。記念茶会は創立110周年でも開催されたが、趣旨は本校卒業生と教鞭を執られた方など、縁のある方々の作品で道具立てするというもので前回と同様であった。

記念式典・記念講演
  記念式典は10月14日(土)金沢市観光会館で開催された。記念講演は元内閣総理大臣森喜朗氏によるものであった。

記念祝賀会
  10月14日午後?時から金沢全日空ホテルで開催された。企画当初から500人の参加を目標としていたが現職員や旧職員の参加が多く、目標の500名の参加が得られ盛大に開催された。
学校側は所蔵作品について詳細に紹介する「創立120周年記念美術工芸所蔵作品図録」〜美術・工芸とデザイン120年の軌跡〜を発刊した。所蔵作品図録に関しては創立100周年を記念して昭和63年3月にすでに発刊されていたが、今回は作者紹介や本校の各部門に於ける歴史的教育内容等を加えて発刊した。

創立120周年記念寄贈作品
 現在、漆芸部門に4名の重要無形文化財保持者を輩出しているが、松田権六、寺井直次は故人となられた。昭和32年の70周年記念で戦後の教育復興に一区切りを付けるが、その際に大場松魚先生から寄せられた「鶴棗」によりギャラリー雪章に花が添えられた。今回は得意とされる平文の技術が盛り込まれた「平文清光干菓子盆」を寄贈していただいた。
 昭和34年に窯業科を卒業し、親子二代で「沈金」部門の重要無形文化財保持者に認定された前史雄先生から「沈金菊しずく平棗」が寄贈され、沈金作品の初所蔵となった。さらに、吉田芳子氏から故吉田冨士夫画伯の作品2点が寄贈され、所蔵点数は合わせて6点となった。今回はスペインで描かれた「静物画」と晩年の作品が寄せられ、画伯の初期から晩年に至る作風の変化が鑑賞できるようになった。

山本 和男 39代校長に就任 平成19年4月1日〜平成21年3月31日

定時制課程の廃止
  平成21年3月、定時制の閉校式が挙行され、46年間の歴史の幕を引いた。

松井 廣 40代校長に就任 平成21年4月1日〜平成24年3月31日
 
山田 勝裕 41代校長に就任 平成24年4月1日〜
 平成25年、工芸科創設30周年を迎える。

13.本校に設けられた併設学校
 明治41年に併設された補習学校(夜学)に始まり、昭和38年に定時制課程(4年)が新設されたことで募集を停止した石川県立機械工業専門学校まで、社会の変化と様々な試みとを兼ね合わせながら五つの学校が併設されてきた。
13−1石川県立工業補習学校 (校名50年史より)
 明治41年3月、石川県立工業補習学校を併設する(創立・附設)。実業補習学校規定に基づき設けられた夜学であった。明治41年4月志筑校長兼務となる。
 大正11年3月をもって廃校とする。
 
13−2傷痍軍人の為の教育施設を附設
  田邊校長の手記に、「傷痍軍人の工業教育に協力、陸軍との関係を円滑にして、とくに工業学校卒業生への援護、配慮を期した」と記され、また、昭和14年3月23日「北陸毎日新聞」によると「傷痍軍人再教育に国立工芸指導所がほしい(田辺校長)」とあることから、このような施設は国立で対処すべきであると考えていた。ともわれ傷つき帰還する同窓を何とかして再起させたく次の施設を附設していく。
 
13−2-1石川県傷痍軍人工業教育所 昭和14年3月31日附設 
 田邊校長が石川県傷痍軍人工業教育所 所長、講師を務める。色染科科長であった廣辻圭三が舎監を務めていた。家具製作に抜群の技を持つ油谷佐喜知(木工科長)が義肢修理所技術員を兼務していた。
 
13−2-2石川県傷痍軍人職業教育所
 昭和16年、傷痍軍人職業再教育所を附設。翌年2月21日、田邊校長が石川県傷痍軍人簡易作業所設立準備委員会幹事に就く。
 昭和18年3月18日(水)「傷痍軍人教育所修了式」(北国新聞)によると、「石川県傷痍軍人教育所では19日午後3時から再起の道にいそしみ、このほど全課程を修業した傷痍軍人7名の第8回修了証書授与式を挙行する」がある。
 この記事により、傷痍軍人職業再教育所の生みの親である田邊校長が昭和17年8月27日、依願退職した後も続いていたことが分かるが、何時廃止されたかは不明。
 
13−3石川県立工業学校併設中学校
 昭和23年、石川県立工業学校併設中学校を設ける。翌年、校名改称となり、共に石川県立金沢工芸高等学校併設中学校となる。旧制中学校の3年生で総数368名、主として旧金沢三中生であった。
 
13−4石川県立機械工業専門学校
 昭和36年、石川県立機械工業専門学校を併設する。昭和38年4月、定時制(4年)課程を新設し、機械科、電気科を置く。そのような事情も含め、昭和42年3月で募集を停止する。
 
14.おわりに
 前回の紀要で納富初代校長が明治24年に帰京し、しばらくは来県していないように記したが、次の記事を伊藤義直元教員が入手されたので紹介し、訂正したい。
明治26年8月12日(土)「本社(北国新聞)開業式に付き来沢に謝す」
 「8月6日午後7時より来賓120名で開業式を開く。社員総代で赤羽萬次郎氏が挨拶。南惣一郎氏が来賓に祝辞。」とあり、来賓名簿のなかに納富介次郎、村上九郎作の名があった。
 
      氏名・在職期間      卒業年・科名 (最終学歴)
青木 外吉15代校長
大正8年4月〜昭和2年10月
明治28年、窯業科卒業(明治36年から本校就任)
(明治34年、東京美術学校彫刻科卒業)
田邊 孝次18代校長
昭和14年3月2日〜17年8月27日
明治41年3月29日、窯業科製陶部卒業
(大正2年、東京美術学校彫刻科塑像部卒業)
羽野 禎三20代校長
昭和21年6月〜34年3月
大正10年、図案絵画科卒業
(東京美術学校図案科・図案教員課程を卒業)
南 幸雄28代校長
昭和57年4月〜61年3月
昭和17年12月、応用化学科卒業
 
 




 
 

母校の歩みに戻る