染色コースの作品を紹介しながらコースの学習内容を紹介します
 

染色コースはのれんやパネル、着物などを手描き友禅をはじめとした様々な技法で仕上げます。

共通課題     手描友禅パネル ”花”

■染色コースでは、2年次に手描友禅、型染、絞り染め、シルクスクリーンの基本を学びます。
 3年次の卒業制作では、共通課題として30号の手描友禅パネルを制作します。
 自由課題では、自分にあった技法、素材を見つけ出してそれぞれの課題に取り組んでいます。

自由課題       ( A )                  ( B )

■自由課題 (A)  絞り染め浴衣       天然染料(藍・矢車)
         (B)  ロウケツ染め浴衣    反応染料



■手描友禅パネル  パネル ”ひまわり”
   ・モチーフのひまわりをしっかり観察して描いていきます。
   ・スケッチで描いた形をそのまま図案にするのではなく、 
    自分のオリジナリティのある構図を完成させます。
   ・下絵ができたら、色名カードや色鉛筆などを使用して色の計画を練ります。
   ・手描友禅の技法で染めていきます。
 

■型染クッション ” 夢 ”
   ・夢をイメージしてアイデアスケッチを何枚も描きます。
   ・スケッチをもとにして構図を考えていきます。
   ・型紙を彫るために白黒のシルエット(白黒草稿)にします。
   ・型を彫り、糊置きをしてから染めていきます。
   ・クッションの形に縫製して完成です。


■シルクスクリーン
   ・モチーフのカエルと水をスケッチします。
   ・上下左右が繋がるように四方連続模様を考えます。
   ・シルクスクリーンのカッティング技法で版を作ります。
   ・色違いの布を何枚か染めます。
   ・のれんに縫製して完成です。


染色コースでは石川県の代表的な伝統産業である加賀友禅を中心に、型染め、絞り染め、ロウケツ染め、シルクスクリ−ンなどの染色技法の基礎を学ぶことが出来ます。





陶芸コースへ

漆芸コースへ

造形コースへ



工芸科の