陶芸コースの学習内容を紹介します


陶芸といえば 轆轤(ろくろ)で作品を作ったり、登窯(のぼりがま)に薪を投げ込みながら焚き上げる事を始めに想像する方が多いと思います。

陶芸コースではどのような内容で焼きものを学んでいるのか紹介します。

 「土練り3年、ろくろ8年」どこかで聞いたことがありますね。そうです「桃、栗3年 柿8年」を捩ったことわざです。土練りに3年も修行したり、ろくろが上手くなっるには8年間勉強しなさいという意味ではありません。「それ位みておけばで上手く(一人前)なりますよ」という意味だそうです。

轆轤で小花活けを作るところ 穴窯に薪を投入するところ (昨年3年生が実際に窯を造り、一昼夜かけて焚き上げた時の写真です)



 作品作りは最初のころは手ろくろの上で緋も造りという技法で茶碗や壷、オブジェなどを作ります。それから本格的にろくろ成形を学びます。陶芸にはそれ以外にも沢山の技法(成形方法)があります。

手捻(輪積み)でオブジェ作り

 手前の肌色の作品は素焼き(850℃で焼いたもの)をしたものです。これに釉薬(ゆうやく)というものを施します。それを1280℃で焼くと完成です。1200〜1300℃で焼くことを「本焼とか本焼成」といいます。


 自分たちで研究した釉薬を掛けて焼き上げることもあります。先輩たちが研究した釉薬の調合データなど合計で1000色位ありますが、10色程度の釉薬が良く使用されています。

3年時のセラミックス材料の授業でまとめた釉薬研究資料です



県工には穴窯が設置されています
雪華窯
穴窯とともに電気炉とガス窯で焼き上げています。


 電気炉はプログラムコントローラで制御できるようになっています。先人たちが研究したことや成功例を参考にして温度の上げ方をプログラム入力することもあります。

電気炉と手前がプログラムコントローラ



 みんなで協力して造った穴窯を紹介します。(平成12年9月実施記録より)

3年陶芸コースの生徒が協力して築いた穴窯に深夜も交代で薪を入れていきます


石川県は九谷焼の産地ですから九谷焼の絵付けも学びます。

絵付けはなんと言っても図案(デザイン)が大切です。

この実習は3年生の1学期に学びます。もちろん素地(きじ)は自分たちで作ります。
(2年生の後半に轆轤でお皿を作り、白い素地で焼き上げておきます)

絵付けが終わったら750℃の温度でもう一度焼き上げて完成です。

時には金や銀などを図柄に加えることもあります。(金銀彩といいます)


金や銀の箔作りも金沢の伝統産業です。陶芸作品は多くの伝統産業との関係が深くつながっています。



陶芸コースでは石川県の伝統産業である九谷焼の次代の後継者、新しい陶芸・セラミックデザインの世界を開拓する人材の育成を目指しています。



染色コースへ


漆芸コースへ


造形コースへ

 


工芸科