造形コースの学習内容を紹介します

 造形コースでは、美術・工芸・デザイン系の大学進学を目標にしたデッサンや絵画・立体彫刻・色彩構成などの作品制作を通じて造形の基礎や表現技法を学習します。

 

 造形コースでは、主に描写とデザインを中心として様々な作品を制作します。

 

実習の主な内容


鉛筆デッサン     木炭石膏デッサン     油彩画

アクリル画
    水彩画
     ガラス彫刻(サンドブラスト)


色彩構成
    彫刻    木材工芸    金属工芸


  その他種々の平面・立体構成、デザイン全般




 過去の進学実績

 金沢大学・金沢美術工芸大学・富山大学芸術文化学部・長岡造形大学・大阪芸術大学・京都精華大学など多数合格しています。



陶芸コースへ

染色コースへ

漆芸コースへ

工芸科の