>

校歌演奏

小松高校校歌
石川県立小松高等学校校歌
作詞  北村 喜八    作曲  飯田 信夫 
一、
朝夕仰ぐ白山や
とはに変わらぬふるさとに
若きいのちをはぐくみて
正義をおのが友となし
いざや励まん学びの道を
  ああわれらが母校
  小松高校
二、
春や芦城の花のかげ
夢大空にひろがりて
われら若人自由の子
新しき歴史になひつつ
いざや築かん祖国の誉
  ああわれらが母校
  小松高校
三、
三年の春は過ぎやすく
波風あらき世はまてど
汚れにそまぬわが友よ
理想を高く輝かし
いざや作らん明るき未来
  ああわれらが母校
  小松高校
石川県立小松中学校校歌
作詞  北村 喜八    作曲  前坂 重太郎 
一、加賀野の果の白山よ
波打騒ぐ 北の海
眼になれそめて幾年ぞ
若き心を育める
学の庭ぞいとほしき
ラ小松 ラ小松 ラララララ
ラララララ小松
二、青春あはれ過ぎやすく
五年の日は夢なれど
人の踏むべき道を知り
智識を糧にやしなひし
このこころこそ宝なれ
ラ小松 ラ小松 ラララララ
ラララララ小松
三、
ますらをの覇気燃ゆる時
紅のかんばせうるはしく
花を流して逝く水や
済みまさりゆく空の下
鍛えし身こそ力なれ
ラ小松 ラ小松 ラララララ
ラララララ小松
四、
幸すむ国はいづかたぞ
人の世の波あらくとも
けがれにそまぬ若人よ
雄々しくゆかむとこしへに
理想の彼方光栄の国
ラ小松 ラ小松 ラララララ
ラララララ小松
石川県立高等女学校
作詞  春日 政治    作曲  田中 寅之助 
一、越路のくもを 抜きて立ち
雪皚々の 白山の
清きは己が 容ぞと
打ち仰ぎつつ 女子の
道の高嶺を わけよかし
二、我が日の本の 名を負ひて
波どうどうの 北の海
闊きは己が 心ぞと
振りさけ見つつ 女子の
芸のそこひを 窮むべし
小松市立高等女学校
作詞  山先 清一    作曲  柴田 富美代 
一、
蒼空高く 聳え立つ
れいろうの峰 白山の
けがれぬ姿 仰ぎてぞ
我らにきよき 誓あり
二、
荒磯にたぎつ 波ゆたに
はてなく澄める こしの海
その清しさに ならいつつ
をみなの徳を 修めばや
三、
文化の華と 香る国
築かむ務 はたすべく
友垣いざや 手をとりて
学びの道に いそしまむ
四、
光にそいて 年々に
さみどり匂ふ 若松の
学びの園に 生くる日の
我らの幸を 讃へなむ