平成18年5月19日 講堂において多くの関係者の参列を賜り、「新校舎の落成式」が、 厳かに行われました。
● 石川県知事が「恵まれた施設を十分に活用し、良き伝統を受け継ぎ、 勉学とスポーツに励んでほしい」と式辞を述べられた。
●生徒代表より「地域に貢献し、国際的にも活躍できる人材になれるよう努力する」 と感謝の言葉を述べた。
     
建物区分 構造 面積 工期
講堂(兼アリーナ)
特別教室棟
RC3F
RC3F
2,449u
3,370u
平成12年度〜13年度
(平成13年11月完成)
管理教室棟 RC4F 5,501u 平成14年度〜15年度
(平成16年1月完成)
生活学習センター棟 RC3F 2,906u 平成16年度〜17年度
(平成17年11月完成)
合計    14,226u    
(2)主な施設内容
特別教室棟
(3階建て)
・被服室・調理室・美術室・音楽室・生物実験室・生物講義室・物理実験室・物理講義室・化学実験室 ・化学講義室・地学実験室・地学講義室
管理教室棟
(4階建て)
・校長室・事務室・生徒指導室・教育相談室・保健室・進路指導室 ・進路学習室・大(小)会議室・礼法室・職員室・理数科講義室(兼議会室) ・放送室・普通教室(2F〜4F・各階8室)
生活学習センター棟
(3階建て)
・生徒玄関・図書室・多目的講義室・小講義室・学習室・視聴覚室(兼集会室) ・情報処理室・生徒会室・購買室
その他 ・弓道場・駐輪場
(3)特色
 校舎棟の中央に図書室、多目的講義室、視聴覚室(兼集会室)などを集約して配置し、 生徒の交流による人間形成や学校開放に対応できる生活学習センター棟を設置するとともに、 環境に配慮し、リサイクルタイルの使用、中水利用、太陽光発電の導入などのほか、 バリアフリー対応としてエレベーター・障害者用トイレの設置、 車いす用玄関スロープなど段差の解消等に配慮しています。
記念講演
演題 「希望」
講師 徳田 八十吉氏 
人間国宝
(小松高校第四回卒)
《耀彩花器・希望》の命名にふれ、「実現にこだわらない『夢』よりも、 具体的な『希望』の名がふさわしいと考えた」と語り、明確な目標を抱くことの大切さを説いた。