研究開発実施報告(要約)
 SSHは国のお金を使っておこなっている、新しい教育課程・教育技術を開発するための研究です。 そのために先生方も客観的なデータを集めて研究をしています。小松高校の理数科で行われてた実践が、 普通科や他の学校でも再現可能であることを実証するのが今後の課題です。

研究開発課題名 3年間の研究活動を通した探究力・表現力育成のための指導法開発
研究開発の概要 3年間の学校設定科目の体系により、生徒が自ら課題を発見するための課題発見能力、 自ら設定した課題に対して自主的に研究に取り組む課題解決能力、 及び自らの研究の内容を日本語及び英語で発表するための表現力を育成する。 第3学年においては、探究活動をさらに深め、自立した研究者を育成する。
○ H27 研究開発実施報告書(要約)