教育目標

 1 教 育 目 標
児童生徒の特性やニーズに応じた教育を行い、適切な支援のもとに社会の一員として心豊かに生きる人間の育成をめざす。
 2 目 指 す 児 童 生 徒 像
  1. 仲間と仲良く遊び協力する児童生徒
  2. 自分の特性を理解し、健康で情緒が安定している児童生徒
  3. 基礎基本を身につけ、目標に向かって挑戦する児童生徒
  4. 働くことの意義や役割がわかり、自ら主体的に働くことのできる児童生徒
  5. 地域で生き生きと活動する児童生徒
 3 学 校 の 現 状
  1. 地域企業や事業所との連携を密にして、地域で生き生きと、生活する姿をめざしたキャリア教育の推進を図る必要がある。
  2. 教員個々の指導力の向上、専門性向上と授業力向上が求められている。
  3. 地域との連携を深め、特別支援教育を推進し、地域のセンター的機能の充実を図る必要がある。
  4. 児童生徒の健康の保持、安全の確保などについて、さらなる充実を図る必要がある。
 4 教職員、学校組織の望ましいあり方
  1. 特別支援学校の教員としての使命と責任を自覚し、積極的に専門性と授業力向上に取り組む教員
  2. 関係機関と連携しながら児童生徒の可能性に挑戦し、地域や保護者から信頼される学校組織
  3. 特別支援教育を推進するとともに、地域のセンター的役割を果たす
  4. 学校の現状や児童生徒の実態を踏まえた危機管理体制が確立された学校組織
 5 今 年 度 の 重 点 目 標
  1. 系統的なキャリア教育の共通理解と進路支援の充実
  2. 特別支援学校のセンター的機能の充実
  3. 安心・安全な学校づくり
 6 各部の目標
小学部
  1. 日常生活に必要な基本的生活習慣を身に付け、身辺の自立を図る。
  2. じょうぶな体づくり、情緒の安定、集団生活への適応を図る。
  3. 学習意欲の芽生えを大切にし、考える力を育てる。
中学部
  1. 個性を大切にした学習をとおして、生活自立に必要な知識や技能の定着を図る。
  2. 集団の中で生徒同士の関わりを育み、社会での体験を積み重ね、社会参加への意欲を高める。
  3. 主体性を大切にし、体力の増進を図り、豊かな人間性を育てながら社会的自立をめざす。
高等部
  1. 体力の向上を図り、健康な心と体を育てる。
  2. 自主的な生活習慣や生活態度を育てる。
  3. 基礎的な学力や社会参加に必要な知識・態度・習慣を養い、自立できる力を育てる。
  4. 社会生活への適応を高め、よりよい人間関係を築く力を育てる。
  5. 青年期にふさわしい情操を養い、豊かで生きがいのある生活ができる力を育てる。
七尾病院分教室
  1. 児童生徒の生きる力を大切にしつつ、個々の持つ力を最大限に引き出し、心身の調和的発達 を図る。
  2. 医療機関や課程との密接な連携を保ち、病種・病状並びに発達段階に応じて学習内容を精選 し、継続的に指導する。
  3. 人とのふれあいをとおして経験の幅を広げ、日々の生活を豊かにする。
在宅訪問教育
  1. 訪問家庭との密接な連携のもと、児童生徒の人格を尊重し、本人の状態・能力・特性に応じた 学習をとおして経験の幅を広げ、心身の調和的発達を支援する。