概要
石川県立羽松高等学校                                                                                         

教育課程概要

羽松高校について
・昼間一部制、単位制普通科である。
・学年は2学期制とし、前期は4月1日から9月30日、後期は10月1日から3月31日までである。
単位制について
・本校の定めた教育課程に従い教科・科目を履修し、その結果が修得したと認められた場合に単位の認定をする。
卒業について
・3年間以上在籍(前籍校を含む)し、本校の教育課程で指定されている必履修科目を履修し、修得した単位数が74単位以上であること。
・また、3年修業生についても74単位以上であること。
併修について
・本校生で特定の教科・科目を通信制課程や他校の定時制課程(単位制課程)で学習し、単位を修得すること。
・併修によって認定された単位数は卒業に必要な単位数に算入できる。
実務代替について
・本校において職業に従事している者を対象に実務の代替として、職業科目の単位の一部を認定する。
・実務代替によって認定された単位数は卒業に必要な単位数に算入できる。