電気科のトップ | 学習内容 | 資格 | 進路先 | ニュース | 県工のトップへ

       令和3年度 電気科 課題研究作品 県工展にて撮影
 

                   


  まずは、こちらの動画をご覧下さい!!
令和3年度 県工展 電気科_展示品集です!!

 令和3年度の電気科3年生による課題研究作品を県工展へ展示致しました。今年度はコロナウイルス感染拡大防止のため、県工展が急遽中止となりました。そこで、電気科で展示された作品の動画を撮影しましたので、ご紹介致します。  
 



 1.Tホウキクリーナーの製作


     
 昨年のTホウキクリーナーをより良い製品にするために、@取り除かれたゴミの収集方法、Aホウキのゴミは取れるが、ブラッシ部が痛むこと、この2点を改善できないか試行錯誤しながら製作しました。 
→Tホウキクリーナーの製作.pdf

 2.エレベーター模型の製作

          
 製作班とプログラミング班に分かれて作業を行いました。製作班は、機械科の旋盤やボール盤などの工作機械を使いエレベーターの部品を、プログラミング班は、ラダー図とセンサー回路の基板を作りました。
→エレベーター模型の製作.pdf

 3.ストラックアウトの製作


       
 小学生にも楽しんでもらえるように、数字パネルを光らせたり、分かりやすくするために得点を自動的に表示できるようにしました。
 本体の制御はPLCで行い7セグメントLEDなどは、arduinoで行いました。
 
→ストラックアウトの製作.pdf

 4.屋内配線を施したミニチュアハウスの製作

          
 第1種、第2種電気工事士の資格取得で得た知識、技術を使い製作できるものは何かと考えた時、身近である屋内配線に目をつけました。                          
→屋内配線を施したミニチュアハウスの製作.pdf

 5.コンパクト100円両替機の製作


        
 1000円札と500円玉の投入を判別し、100円玉を10枚出すか、5枚出すかの動きを制御するためarduinoを使用してプログラムを作成しました。
→コンパクト100円両替機の製作.pdf
 6.BOX型イライラ棒の製作


       
 全体の大きさを抑えて持ち運びがしやすいようBOX形のイライラ棒の製作に挑戦した。シーケンスソフトを用いてPLC(Programmable Logic Controller)に回路を読み込ませてイライラ棒を制御します。PLCとは、機械を自動的に制御する装置です。コストダウンを目標に、過去作で使用されていた部品や余っていた部品を使用した。
→BOX型イライラ棒の製作.pdf

 8.高校生ものづくりコンテスト電気工事部門


       
今年度は、県大会で2位と3位を獲得し、新潟での北信越大会に出場しました。その様子を交えて紹介しました。21世紀美術館での展示をプロジェクターを用いて大画面で紹介しました。
→高校生ものづくりコンテスト電気工事部門.pdf