機械システム科のトップ |課題研究 | 進路情報 | 県工のトップへ


令和3年度 機械システム科 課題研究


ハンドマグネットの製作
 01   機械加工において欠かせない掃除。
後輩へ学校へ残せるものとして掃除が楽になるようなお掃除グッズを製作しました。
機械加工で出た鉄の切りくずをほうき・ちりとりを使用せず、
磁石を用いて片手で掃除ができます。
 


USB充電器の製作/県工電車の改良
災害時等の緊急時にスマホはなくてはならないもの。
停電等が起こった場合には充電できる場所を求める人であふれてしまう。
そこで、足漕式のUSB充電器を製作しました。

県工電車のアクセルをボタン式から可変抵抗を用いたハンドル式に改良をしました。
操作性の向上を目指し、実際の電車と同じようなシステムになりました。
   02


相撲ロボットの製作
 03   毎年行われる相撲ロボット競技大会へ向けて相撲ロボットを製作しました。
例年とは違いリモコン型ではなく自動制御型の相撲ロボットを製作しました。
今年は新たに、部品製作のみならず、基盤の製作も手掛けました。
各機構の設計も見直し今までの県工にない相撲ロボットとなりました。
 


昇降ロボットの製作
どんな道も走破できるロボットをつくりたい!という思いから製作にあたりました。
段差だけでなく階段も昇降できるように、3DCADによる念密な設計を行いました。
校内の様々な工作機械を駆使して部品作りをして、ロボット本体を製作し、
コントローラで簡単に操作できるように、基盤の製作、プログラムの作成を手掛けました。
   04


ソーラーラジコンカーの製作
 05   毎年白山一里野にて開催される”全国ソーラーラジコンカーコンテスト”に向けて、
大会2連覇を目指して新しいマシンの製作をしました。
どんな天候でも安定した速さで走行できるように設計を見直して製作にあたりました。
また、新たな試みとして3Dプリンタによる部品製作も手掛けました。

大会後の時間を利用して教室に設置するための傘立ても製作しました。



→ソーラーラジコンカーの製作_発表動画(YouTube)
 


車いすの製作
学校に残るような、役に立つモノづくりをしたい!という思いから製作にあたりました。
設計・図面作成・材料発注・加工・組み立てといった流れを経て
自分たちだけで工夫して完成させました。
試作品から改善点を見出してさらに改良も加えました。

   06


アイディアロボットの製作
 07   毎年、開催都道府県の特色に沿ったルールで行われる”全国アイディアロボットコンテスト”に向けて
今年も全国大会出場を目標にロボットを一から製作しました。
今年は例年とは異なり、ひとつのロボットに、
”リモコン操作”と”自動制御運転”の機構を組み込む必要があり、
様々な工夫を凝らしたロボットを完成させました。
 


ボールペンの製作
材料科学科ではもはや代名詞となっている”県工定規”。
機械システム科でもそのようなブランドとなるようなものを作りたいという思いから製作しました。
汎用旋盤という工作機械の基礎となるような機械を用いて、
ほとんどの加工工程を行いました。
製品化できるようなクオリティにこだわり製作しました。

→ボールペンの製作_発表動画(YouTube)
   08


ロボットコートの製作
 09   毎年、開催都道府県の特色に沿ったルールで行われる”全国アイディアロボットコンテスト”に向けて
コンテスト用のコートを一から製作しました。
縦横5mもある木製のコートを工夫を凝らしながら製作しました。
決められた期限内に完成できるように頑張りました。
 


マイコンカーの製作
毎年開催される”ジャパンマイコンカーラリー”の全国大会の出場を目指して、
さらに速く走れるようにマシンの改良、プログラムの改良をしました。
コースの白線をセンサやカメラで読み取り全自動でマシンが走行します。
ベーシッククラスとカメラクラスの2つの部門に出場しました。

   10


アメリカンフットボールロボットの製作
 11   毎年、”石川産業教育フェア”にて行われる大会で上位入選し、
全国大会出場を目指して新たなマシンを製作しました。
今までのマシンから改良点を探し出して設計段階から見直しました。
今まで以上のパワーと安定性が期待できます。
 


その他_高校生モノづくりコンテスト
”高校生ものづくりコンテスト”の全国大会の出場を目指して
石川県大会の”旋盤作業部門”に出場し見事1位と3位に入賞しました。
汎用旋盤という円柱の切削加工を得意とした工作機械を用いて
加工精度と加工時間を競いより高い完成度の製品を目指して戦いました。


   12


その他_高校生溶接コンテスト
 13   今年も県工機械システム科の女子生徒が溶接コンテストに出場しました。
先輩方が残した連覇記録をとぎらせないようにたくさんの練習に励み、
見事目標であった上位独占を果たしました!
 











各科の詳細はこちら