大聖寺実業高校ロゴ カウンター
 
沿革
昭和40年 9月 板谷寛氏初代校長に就任
商業科が県立大聖寺高等学校より分離独立して県立大聖寺実業高等学校となる
商業科4学級で発足 校章及びスクールカラー(緑色)を制定
昭和40年11月 開校式並びに竣工式挙行 校旗を樹立し、校歌を制定
昭和41年 4月 商業科定員5学級
昭和42年 4月 商業科定員4学級
昭和43年 4月 工業科(機械科)定員2学級併置
昭和44年 3月 工業特別教室棟及び機械実習工場竣工
昭和44年 4月 工業科(機械科)1学級を自動車科1学級に変更併置
昭和44年10月 制御実習棟竣工
昭和45年 4月 東木理吉氏第二代校長に就任
昭和45年12月 格技場竣工
昭和46年12月 弓道場並びに礼法室竣工
昭和49年 9月 プール竣工
昭和50年 4月 商業科定員3学級
校訓碑
昭和50年 9月 創立10周年記念式典挙行 記念誌「大実10年の歩み」発刊
昭和53年 4月 中村憲太郎氏第三代校長に就任
昭和54年12月 正面玄関竣工
昭和54年12月 工業特別教室棟増築部分(視聴覚教室・会議室など)竣工
昭和55年 8月 第2体育館敷地造成
昭和55年11月 中庭の噴水竣工
昭和56年 3月 中庭整備、前庭整備(舗装)、『校訓碑』建立
昭和56年11月 第2体育館竣工(渡り廊下、給排水、電気、防火設備)
昭和57年 2月 山崎清氏第四代校長に就任
昭和59年 3月 テニスコート完成
昭和59年 4月 山下義一氏第五代校長に就任
昭和59年10月 創立20周年記念式典挙行
記念碑『明日への道』建立 記念誌「大実20年のあゆみ」発刊
昭和60年 3月 工業科実習棟増築完成
昭和63年 4月 宮永修氏第六代校長に就任
平成元年 1月 校舎防音工事終了
平成元年 4月 機械科・自動車科を電子機械科2学級に改編
平成 2年 4月 西川毅氏第七代校長に就任
平成 2年 8月 電気実習工場竣工
平成 4年 4月 情報・デザイン科新設
平成 5年12月 デザイン実習棟竣工
平成 6年 4月 斉官氏八代校長に就任
情報・デザイン科2学級を情報ビジネス科1学級・情報デザイン科1学級に改編
平成 6年11月 創立30周年記念式典挙行 『校名碑』建立
平成 8年 4月 見安彦氏第九代校長に就任
商業科募集停止
平成10年 4月 西光太郎氏第十代校長に就任
平成12年 4月 小浦場昭芳氏第十一代校長に就任
平成15年 4月 前川惣春氏第十二代校長に就任
平成15年 9月 ランニングロード完成
平成15年12月 大規模改造・耐震補強工事完了
平成16年10月 生徒玄関改修工事竣工
平成16年11月 創立40周年記念式典挙行 『校内LAN』整備
平成17年 4月 山本和夫氏第十三代校長に就任
平成19年 4月 芝田幸男氏第十四代校長に就任
平成20年 4月 情報デザイン科募集停止
平成22年 4月 西和純氏第十五代校長に就任
平成25年 4月 佐藤文夫氏第十六代校長に就任
平成26年 4月 赤土悦崇氏第十七代校長に就任
平成26年10月 創立50周年記念式典挙行 「マイクロバス」購入補助
創立五十周年記念誌「実高五十年」発刊
平成27年 4月 平木勉氏第十八代校長に就任
平成30年 4月 山本民夫氏第十九代校長に就任
校歌
深田久弥作詞/三村精一作曲
越の白山 仰ぎつつ
理想は清く 高らかに
学びてやまぬ 一日や
大聖寺川 月あげぬ
夏草深き 水上に
古き久谷の 陶の跡
海辺に立てば そのかみの
北前船の 雄図はや
綾の絹織る 梭の音に
高き名を獲し 機どころ
時勢ひまなく 移るとも
伝統ここに 幾星霜
古人の勲 受けつぎて
集う先生 溌剌児
新しき代の マーキュリー
われらが上に 羽ばたける
俗塵遠き 丘の上
つぶらの眼 燃ゆる頬
若き身ぬちに たぎるもの
からくれないの 血なりけり
Ishikawa Prefectural Daishoji Vocational High School