電気科のトップ    学習内容    資格    進路先    ニュース   先輩の活躍   県工のトップへ

                                電気科 最新情報


 令和2年度 1・2種電気工事技能試験に向けて 「放課後 電気工事士技能練習!」

 10月に行われた第1・2種電気工事士筆記試験に合格した76名が、技能試験の補習を行います。練習し始めは制限時間に全く間に合いませんが、「繰り返し練習すること」・「自分で工夫すること」・「先生からコツを教えてもらうこと」で、技能のスピードは高まります。何よりも絶対に合格するという「志」が一番重要です。合格を目指して頑張れ!。資格取得を目指して合格することは勿論のこと、クラスメイトと教えあったり、刺激を受けたり、全員で協力して準備や後片付けを行うことで、実社会で必要とされる人間力も自然と身に付けていきます。
 

 令和2年度 電気工事組合さんとの意見交換「自分の人生を考えてみました」

12月16日(水)2年生は石川県電気工事組合の皆様から、人生の先輩として電気工事の専門職としてのお話から、社会人になるにあたってのアドバイス、さらには人生設計までの悩みなどを聞いていただき、不安を解消することができました。普段の授業では見えない生徒の姿も見せ、自己開示ができたとても良い時間となりました。テレビ金沢さんからも取材を受け、夕方のニュースで放映されました。さらに、電気の専門性を高めようとモチベーションを高めた者や自分の将来にチャレンジ精神で頑張ろうという思いをまとめの時間に発表していました。
 


 令和2年度 高圧受電設備講習会    「教師は常に学びの精神を大切に!」

令和2年12月8日(火)に今年度設置した最新高圧受電設備の勉強会を行いました。この設備のスペシャリストである北陸電気保安協会さんより説明を受けました。勉強会をビデオに収め、在校生に分かりやすい実習ができるよう準備しております。2名の方が県立工業電気科卒業であることに、産業界への貢献度に喜びを感じます。
 



 令和2年度 北陸電気工事研修センターにて「技能五輪選手の技能に感動」 

令和2年11月18日(水)に北陸電気工事研修センターにて電気科1年生が「技能五輪選手の技」を見学しました。電気工事士資格試験前に苦手な輪作りを教えていただき、完成スピードがアップしました。学校では体験できない電気事故の恐ろしさも実感しました。




 令和2年度 ものづくりコンテスト練習   「選抜された両名が切磋琢磨」 

2年 粟田 嵐丸(高岡中出身)と 柴田 陽(野田中出身)が、ものづくりコンテスト電気工事部門で上位入賞を目指して、練習を開始しました。授業で習う電気工事の課題に比べてはるかに難しいが、1作品を完成させた時の達成感はとても大きい。両名は切磋琢磨し頑張っております。

令和2年度  「県工祭」

 
  新型コロナ感染防止の観点から例年通りのスタイルで行事を実施するには困難な状況でありました。しかし、本校では生徒会課が中心となり学校全体で知恵を出し合い、万全な対策のもと県工祭を実施しました。学校内の生徒だけがお客さんでしがた3000本の焼き鳥を3年生全員が協力してさばきました。
 

 令和2年度   課題研究  「チームで一つ一つ 問題解決していきます」 

 電動キックボードの製作      モータ制御回路の製作      ワンボードマイコン(Arduino)制御

 電車シミュレータの作成      もぐら叩きゲームの製作     ねじ切り作業
   
 温度特性実験           炊飯器の製作         旋盤で部品加工
   
  
Tホウキクリーナの製作       イライラ棒の製作        ミニリニアモーターカーに挑戦


 令和2年度 地道な努力が花を咲かせました! 「電験3種 2名合格 快挙! 
昨年は1名の合格で保安協会に就職し、会社内でもとても活躍しているようです。教員から頑張っている先輩の話を聞き、刺激を受けたり、資格取得に頑張れる仲間がいたからの成果だと思います。本人の努力と頑張る環境が快挙を生み出しました。

                    合格者
           3年電気科 加藤大輝 (森本中学出身)
           3年電気科 畑  鷹介 (鳥越中学出身)




 令和2年度 みんな実習が大好き    「実習は技能が身に付きおもしろい!」 

電子機器組立実習          高圧受電設備実習        パソコン実習

抵抗ボックス製作実習       デジタルIC実習         信号計測実習      
 
 


 令和2年度 進路先の内定や合格が続々と! 「石川高専に編入内定」
1年次よりしっかり授業を受け演習問題等を積極的に取り組み力をつけてきました。 
県立工業は就職に強いことは知られていますが、もしかして進学はしにくいのではないかと思っている方もおられるかもしれませんが、自分の取り組みでいろいろな進学先の可能性も十分にあります。



 令和2年度 1年は確実に、2年は速さで、3年は瞬発力で「電気科 運動会で2連覇」

2連覇

勉強・資格取得・行事

ベストを尽くします

1年生は地道にコツコツポイントを重ね、2年生は脚を活かして大きなポイントを獲得、3年生は瞬発力でみんな科のプライドを掛けて一生懸命頑張りました。今年の電気科伝統の人文字は密を避け3年のみの40名で実施した。それでも頑張れる資質は社会にでても大いに役立ちます。電気科の諸君おめでとう!
 



 令和2年度 ものづくりマイスター実技指導「配電盤・制御盤組立の技能検定に挑戦」

 ものづくりに関して優れた技能や経験を持つ「ものづくりマイスター」の方から、高い技能を指導して頂く授業を実施している。図面を見ての配線は勿論、きれいに配線することも求められています。技能を身につけてた生徒は、産業界で即戦力として期待されている。今年もマイスターの方から熱い指導が始まっております。

 


 令和2年度 1年は2種工事、2年は1種工事、3年は施工管理「各学年で全員が挑戦!」

1年生は第2種電気工事士、2年生は第一種電気工事士、3年生は施工管理技術検定に全員が申込を全員が終えたところです。今年度も全員合格目標に頑張ります。1年次に資格取得の楽しさと、やりがいを体験した2年生は、一皮むけ真剣に実技練習をしております。資格取得の取り組みは、人間力も高めます。
 


 令和2年度 計測実習・工作実習 「技能を高め将来の職業に活かします」

休校中は実習を思うようにできませんでしたが、学校が再開し実習できて楽しいです。知恵を出し合い、仲間と協力しての「製作実習」・「半田付け」・「配線実習」などの基本的な実習です。技能も高めて産業界に貢献できるように頑張ります。

 


 令和2年度 電気基礎・電力技術・プログラミング技術 「リモート授業に挑戦」 

令和2年度のスタートは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休校が4月・5月と続きました。休校中も資格取得に関する課題を生徒たちは頑張りました。先生方も初めてのリモート授業や説明の動画作成に挑戦しました。困った時に工夫できる人になってくれるのが、先生方の願いです。
 
 


 令和元年度 課題研究「3年間の集大成・知識と技能で、ものづくり」 

  ・後輩の前で研究発表する3年生     ・モーターの動作回路を考えるチーム    ・歴代製作されているイライラ棒外観  

令和2年1月23日(木)3年間の集大成である課題研究発表会があり、誰もが凜々しく輝いていました。課題研究はグループで課題を見つけ、製作過程の中で問題を解決していきます。主体的に深く学び、産業人として必要な資質であるコミュニケーション力を養います。


  令和元年度 課題研究テーマ  
・RC制御BOXの製作   ・ゲーム製作
・イライラ棒の製作   ・反射神経ボードの製作
 ・自転車発電機の製作   ・ソーラーラジコンカーの製作
・自動輸送機の製作   ・エアホッケーゲーム機の製作
  ・バスケットシューティングゲーム機の製作   ・Tホウキクリーナーの製作


・電動スケートボードの製作

 


 令和元年度 北陸電気工事研修センターにて「技能五輪選手から技能を手ほどき」 

令和元年12月12日(木)に北陸電気工事研修センターに電気科1年生が「技能五輪選手の技」を見学し、電気工事技能の手ほどきも受けました。技能が優れた職業人はかっこ良かったな〜。VR(バーチャルリアリティー)で安全教育を受けてきました
 



 令和元年度 電気工事士補習「2種は42名、1種は37名の合格!」 

新人大会を終えた11月中旬から、電気工事技2種工事と1種工事の技能試験補習が始まりました。今年度は、補習対象者が100名弱と人数が多くなり、放課後は実習室が満杯です。電気科の教員が総出で補習に当たりますが、生徒同士の教え合いが頑張る雰囲気をつくり、合格率を高めます

 
 


 令和元年度 第3種電気主任技術者試験「合宿の努力実り電験3種合格」 

令和元年8月に国立能登青少年交流の家で第3種電気主任技術者試験の合格を目標に仲間と一緒に勉強合宿を行いました。電験3種の合格率は9.3%の難関試験で、今年の県内高校では唯一、本校では2年ぶりの合格となった。




 令和元年度 電気工事組合意見交換会「職業について考えました」 


令和元年11月20日(水)本校の多目的ホールにて、電気科2年生を対象に「石川県電気工事組合」さんとの意見交換会が行われました。電気工事の魅力や社会人として大切なこと、働くとはどういうことかざっくばらんに意見交換ができとても楽しかったようです。

 

 

 令和元年度 北陸電力 富山新港火力発電所見学「電力供給の壮大さを感じました」 

令和元年11月13日(水)に電気科1年生が「北陸電力富山新港火力発電所」を見学し、電力供給の壮大さと重要性を感じ取りました。工業高校出身者方が親切に説明して下さったり、本校の先輩も働いており身近に感じました。頼りになる産業人を目指して電気の勉強を頑張ろうと気持ちを新たにしました。



第66回 県工大運動会


令和元年度9月4日に第66回県工大運動会が開催されました。3年生を中心に入場行進や応援合戦、各競技に全力を尽くした結果、電気科が総合優勝することができました。
電気科の団結力の強さを感じられる1日になりました。


平成30年度 インターンシップ 


7月・8月に2年生を対象とした数日間のインターンシップが行われました。
今年度のインターンシップ先は以下の通りです。  


      ・JEMIC 日本電気計器検定所
      ・ジェイアール西日本テクノス
      ・北陸電力
      ・別川製作所
      ・米沢電気工事
      ・北陸電気保安協会
      ・エム・アイ・テック


平成29年度電気科課題研究発表会 



電気科の課題研究発表会が行われ、三年生は一年間の集大成を発表しました。

活発な後輩からの質問にも自信を持って答える姿が見られました。

また、北陸先端科学技術大学院大学の大平准教授からも講評を頂きました。


電験三種 一発合格! 



電気科3年生1名が第3種電気主任技術者試験に合格しました。

夏の暑い中、合宿での猛勉強の成果がでた結果となりました。

全国高校生合格者18名中の1人で、石川県内の高校で唯一の合格者です。


県工初 二級技能検定合格! 



電気科3年生1名が電気機器組立て(配電盤・制御盤組立て作業)の二級に合格しました。

県立工業電気科では、これが初めての合格となります。

これをスタートに後輩達にも是非合格に向けて挑戦してほしいと思います。


平成29年度 電気工事組合意見交換会 



電気科2年生を対象に石川県電気工事組合との意見交換会が行われました。

今年度は交換会の場に卒業生の姿も見られ、活発な意見交換が行われました。

また、生徒体験型の実演や開発中の作業服の試着もあり、授業では味わえないことを体験させていただきました。


平成29年度 県工祭 



昨年度に続き卒業生や旧職員の先生方などたくさんの方にお越しいただきました。

天候が危ぶまれた中、2・3年生の模擬店も賑わいを見せ、

二日間を通してたくさんの笑顔が見られました。


H29年度 大運動会 総合2位! 



夏休みが終わり、2学期の始まりとなる大運動会が行われました。

今年は総合優勝&応援連覇を目標に、連日暑い中練習に精を出していました。

結果はどちらも2位という悔しい結果となりましたが、

入場行進や各種競技でも上位に入る等、電気科の強さを見せました。


H29年度 企業訪問 



6月に入り、3年生は日本ガイシ、別川製作所、北陸電力福岡第一発電所に企業見学へ行きました。

会社の方から説明を受けながら普段は目に出来ないような機器や建物を見学してきました。

高校総体も終わり、自分自身の進路について深く考える1日になりました。


第一種電気工事士 最多合格 



今年度電気科では『第一種電気工事士【国家資格】に3年生16名、2年生11名 計27名が合格しました。

この合格者数は過去最多の人数であり、先生方の熱心な指導や日々の鍛錬の成果が出ました。

また来年度は更なる合格者を目指して頑張ります!


H28年度 電気工事組合意見交換会 



今年度も電気科2年生を対象に電気工事組合との意見交換会が行われました。

普段の授業とは違う雰囲気に初めは緊張していた生徒も、

実演や組合の方々の明るい雰囲気に緊張もほぐれ、活発な意見交換が行われました。


電気工事士 後期実技補習 



県工祭や130周年記念式典も終わり、電気科では電気工事士の実技補習が行われました。

電気科1年生は初の国家資格に挑戦ということもあり、

慣れない作業に何度も挑戦をして資格取得に向けて頑張っていました。


H28年度 県工祭 



130周年となる今年度は、卒業生などたくさんの来校者が訪れました。

電気科3年生が販売した焼き鳥・パン耳・フライドポテトはどれも好評で、行列も見られました。

また、ステージ発表でもバンド演奏等が行われ盛り上がりを魅せていました。


H28年度 大運動会 応援優勝! 



夏休みが終わり、2学期のスタートになる大運動会が行われました。

今年は創立130周年記念式典という記念すべき年ということもあり、一段と応援練習やマスコット製作等に力が入り、

どの学科も総合優勝を目指し頑張っていました。

電気科は総合優勝を逃したものの、伝統ある応援で見事1位になり、団結力の強さを魅せました。


H28年度 インターンシップ 



夏休み中には前期と後期に分けて2年生を対象にインターンシップが行われました。

数日間実際に会社や現場に赴き、機械や機器に触れ就業体験をしました。

生徒は暑い中汗をかきながらも、貴重な経験をしていました。


H28年度 体験入学&ものづくりワールド 



8月中旬、県立工業高校で中学生を対象とした体験入学が行われました。

電気科では電気工事体験やシーケンス制御等、工業高校ならではの体験をすることが出来ます。

暑い中電気科の3年生が自ら学んだ知識や技術を基に、一生懸命に中学生に教えていました。


体験入学に続き、県立工業高校では子どもや家族連れを対象としたものづくりワールドが行われました。

電気科では、テーブルタップ作成・イライラ棒・綿菓子作りといった子どもが楽しめる体験が出来、

子どもだけでなく、旧職員や大人も多く訪れ楽しむ姿が見られました。


電気工事士 補習開始 



7月に入り電気工事士【上期】に向けての技能補習が始まりました。

試験日までの放課後、先生方の指導を受けながら、

電気科・電子情報科の2、3年生が国家資格の取得に向けて頑張っています。