電気科のトップ | 学習内容 | 資格 | 進路先 | ニュース | 先輩の活躍 | 県工のトップへ

資格取得(年度毎) 
資格検定名称     ジュニアマイスター
顕彰制度点数
  ※1
取得人数(人)  資格内容
 R1年度 H30年度
  • 電気工事士(2種)
  • 電気工事士(1種)
  • 工事担任者(DD3種) 
  • 電気工事施工管理者
  • 第3種電気主任技術者
  • 電気機器組立て(配電盤・制御盤2級) 
  • 電気機器組立て(配電盤・制御盤3級)
  • 電気機器組立て(シーケンス制御盤3級)
  • 消防設備士  (乙種7類)
  • 危険物取扱者(乙種4類)
  • 基礎製図検定
  • 計算技術検定(3級)
  • 情報技術検定(3級)
  • ジュニアマイスターブロンズ
  • ジュニアマイスターシルバー
  • ジュニアマイスターゴールド
  • ジュニアマイスター特別表彰
7
20
7
20
30
12〜20
7〜12
7〜12
4
4
2
2
2

42
37
  
24
1
1
 

 
8
 7
 
34
40
36
 
8
13
1
36
12
2
28
  
3
9
2
5

11
10
38
36
7
7
13
1

 一般住宅や店舗などの設備の工事に従事できる。
 第二種の範囲と工場、ビルなどの工事に従事できる。
 家庭等の小規模デジタル回線接続工事が可能。
 電気工事の工程・品質・安全管理をする任務に従事できる。
 電気設備の保安監督という仕事に従事することができる。
 産業機器へ電力供給する配電盤・制御盤の組み立て作業ができる。
 配電盤・制御盤の組立・加工・電気回路の点検・簡単な修理ができる。
 工場の電気制御された生産設備の設計・製作、保全・管理ができる。
 漏電火災警報器の点検&整備が行える。
 ガソリンスタンド、工場などの石油類等の管理、各種点検が出来る。
 ものづくりの基礎となる機械製図の基礎知識を習得する。
 基礎的な情報技術に関する、知識と技能を習得する。
 複雑な計算を正確に短時間で行える能力を習得する。
 
ジュニアマイスターポイントの合計取得点数が20点以上の者に授与。
 ジュニアマイスターポイントの合計取得点数が30点以上の者に授与。

 ジュニアマイスターポイントの合計取得点数が45点以上の者に授与。
 ジュニアマイスターポイントの合計取得点数が60点以上で学校長が認めた者
に授与。

   ※1 ジュニアマイスター顕彰制度とは、工業高校の生徒が、資格・検定の合格を通して身につけた知識・技術・技能を積極的に評価しようというものです。
       取得した資格や競技会の成績などに点数をつけ、その合計点により 『(社)全国工業高等学校長協会』 が表彰する制度です。 点数は主催者のもので確認してください。