ようこそ! 在宅訪問教育部へ  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「在宅訪問教育」とは医療的なケアが必要である等、登校して学習することが難しい児童生徒に対して、家庭に訪問して行う教育形態です。

日常生活の指導

 始まりの歌や季節の歌、マッサージ、散歩、読み聞かせなどを通して生活のリズムを

つけ、毎日を健康に過ごせるように取り組んでいます。

自立活動

 体調の変化に細心の注意をはらいながら、ストレッチや体操(身体の動き)、創作活動や 五感に働きかけるさまざまな活動をとおして、まわりの世界を受け止めたり思いを表現したり できるように取り組んでいます。

登校学習(スクーリング)

 体調の良い時は、学部の校外学習や運動会、学校祭などの行事に家族と参加して、

他の児童生徒と一緒に活動したりふれあったりして学習をしています。

▲ページトップに戻る