トップページへ
■ 教材ライブラリーの特徴

 
いつでも だれでも
  @ 教材を製作できる 材料と場所     がある
  A 教材を利用できる 教材ライブラリー室 がある
  B 参加できる    研修の場      がある


  「みんなで考え、みんなで作り、みんなで使おう」を合い言葉にして、活動を重ねています

■ 自作教材教具集

  本校職員が製作した教材を見ることができます。


令和元年度教材教具指導事例集(PDF形式)

   平成30年度教材教具指導事例集(PDF形式)

   平成29年度教材教具指導事例集(PDF形式)

   平成28年度教材教具指導事例集(PDF形式)

        平成27年度自作教材教具集(PDF形式)

       平成26年度自作教材教具集(PDF形式)

   平成25年度自作教材教具集(PDF形式)

   平成24年度自作教材教具集(PDF形式) 

   平成23年度自作教材教具集(PDF形式)

   平成22年度自作教材教具集(PDF形式) 

 

 

■ 「教材ライブラリー」とは

日々の教育において、児童生徒一人一人の実態に応じた指導が必要なことは、どの教師も考えていることです。
旧明和養護学校において昭和56年度、児童生徒一人一人に合った教材・教具の開発や活用に取り組み始めました。それが発展して、自作教材・教具や市販の遊具などを学校全体で共有化し、効率よく日々の指導に役立てようと提唱されました。
明和特別支援学校においても、これまでの資産を受け継ぎつつ、肢体不自由教育部門、知的障害教育部門で力を合わせ、より活発に活動を続けていきます。